マイクロソフトの無料ウイルス対策ソフトMicrosoft Security Essentialsを導入する

Microsoft Security Essentials
マイクロソフトから無料のウイルス対策セキュリティーソフトがリリースされたので早速使ってみた。

avast! Home Edition
今まではこのアヴァストを使っていました。こちらも無料のウイルス対策ソフトで、最初に簡単な登録が必要で、1年後ごとに更新が必要です。登録や、更新作業は3分で終わるようなものなんですが、それすらも面倒臭い!と感じるので、素直にマイクロソフトのものを使おうと思ったわけです。このavast!は1年ごとの更新が面倒臭い以外は特に不満な面はありませんでした。

で、マイクロソフトのMicrosoft Security Essentials(セキュリティーエッセンシャルズ)ですが、さすがマイクロソフトだけあってインストールは簡単、3分くらいで何も迷うことなく完了。
動作が軽いのが特徴とのことで、体感としてはまったくストレスを感じずに使えています。avast!と比べて重いとかは感じず、快適です。ちなみに使っているパソコンはビスタでコア2デュオ、メモリ2ギガです。

肝心のセキュリティー能力ですが、これはまだ出たばかりなので、評判などはまだわかりません。私はマイクロソフトが作っているんだから大丈夫だろうと思ってすぐにインストールしましたけど。

以前はノートンの製品を数年使っていました。こちらは流石にお金を取るだけあって親切丁寧で機能も充実していました。その後は無料のソフトでも機能が充実していることを知ったので無料のものを使っています。ウイルスセキュリティーソフトって目で見てわかるような違いがないから、選ぶ基準が曖昧で、どれにするか迷ってしまいますが大手のマイクロソフトが出してきたので、しばらくはこのMicrosoft Security Essentialsを使ってみるつもりです。

⇒ウイルス対策ソフトラインナップ(amazon)


広告

コメントを残す