ワゴンRのヘッドライトバルブの交換に苦労する

知り合いが乗っていたワゴンRのヘッドライトバルブが切れていたので、交換作業をしてあげました。車はよく自分でいじっていたので、道具も揃ってるし、ある程度の作業なら自分でできるので、友達が車の部品を交換するときや、修理するときなど手伝ってあげています。

で、ワゴンRのライト交換ですけど、これ、相当面倒臭いです。ワゴンRという車はほんとうによくできた車だと思います。ただエンジンルームの中の整備性は良くないです。

今回交換したのは初期型のワゴンRなのでもしかしたら今のワゴンRはもっと整備製がよくなっているかもしれませんが、ライト交換するのにもいろんな部品を外さないと交換が難しい・・・。機械いじりに詳しくない女性が気軽に交換するのは難しいと思います。

まず近所のお店でH4のヘッドライトバルブを買ってきました(1500円くらい)、取り付け作業は15分くらい。
買ったのは純正にも使われてる小糸製作所製の物。たぶん以下と同じもの。

小糸製作所/KOITO ノーマルバルブ H4 12V 60/55W 品番:0456 四輪車ハロゲン前照灯用(一般車用)

以前は500円くらいの一番安い電球を買っていたけど、あまりにもランプが切れるのが早いから、少しだけ高いのを買うように友達にも勧めました(笑)

以下に交換作業のメモ

車体前方に向かって左側(運転席側)のライトの交換方法

  • そのままだとバルブ部分に手が入らないので周りの部品を外す。
  • まず、クリップで固定されているエアクリーナーボックスのフタを外し、エアクリーナーも取り出しておく。
  • 車体と固定されている側のエアクリーナーボックスは3つのネジで止めてあるので、これを外し、エアクリーナーボックスを取り出す。
  • バルブに手が届くので、バブルのコネクタを外し、保護している丸いカップ状のゴムも外す。
  • バルブ本体を止めている金属クリップを外し、バブルを取り出し交換。このとき、新しいバルブのガラス面を触ったり、傷つけたりしないこと。
  • あとは交換までの手順の逆をする。
  • 取り合えず、バブルだけ交換した段階で、ちゃんとライトがつくか?光の向きがおかしくないか?など確認しておくといい。全部つけたあとで、不具合に気づくとまた全部部品を外す必要があるので面倒臭いです。

向かって右側のライトの交換方法

  • こっちも周りの部品を外す必要があるけど、左側より楽です。
  • ラジエーターのクーラント液(冷却水)の溢れた分を入れる、タンクを外すために、タンク上部のフタとホースを外す。これは引っ張れば取れます。
  • 次にタンク本体を外す。これもそのまま上に引っ張ってやれば取り出せます。
  • あとのバルブ交換は左側と同じ。
  • バルブ交換のときは、取り付け位置にかっちりはめないと、ライトの向きとか、位置がおかしくなるので注意が必要、しかも、目では直接見えないから手探りで、確かめるしかない。
  • だから取り合えずバルブを取り付けた時点で、ライトをつけてみておかしくないか確かめるのがいい。そのためにも夕方とか夜作業するのがよいかも。

今まで何回かワゴンRのヘッドライトバルブ交換はしたことあるので、比較的楽に作業できたけど、一番最初にやったときは結構てこずりました。ディーラーで交換するときはどうやってするのか興味あります。めちゃくちゃ簡単な交換方法があったりして。あと、ワゴンRってヘッドライトバルブが切れやすい気がするのですが、これは気のせいでしょうか、街中で時々片方だけ切れているのを見かけるけども。


広告

コメントを残す