コーヒーの種類について

コーヒーは好きで結構よく飲むほうだと思う。

といっても外ではほとんど缶コーヒーかファミレスやファーストフードのコーヒー、家では挽いたコーヒー豆を買ってきてドリップで入れて飲む程度(粉のインスタントコーヒーはなぜか全然飲まない)なので正直コーヒーの種類には詳しくない。缶コーヒーでもエスプレッソやカプチーノなどがあるがいったいどういう違いがあるのかは全然わかっていなかった。しかし最近外で飲んだカプチーノがやけに美味しかったので他のコーヒーとどういう違いがあるのかに興味が出てきた。その時はエスプレッソがどういうものか知らずにただちょっと興味本位で注文しただけだった。エスプレッソは缶コーヒで時々飲んでいたがその時飲んだエスプレッソは缶コーヒーのものとは全く違う味で鼻にツーンとくる香料(後で調べてシナモンとわかった)が絶妙なバランスで効いていて非常に美味しくて感動した。それでwikipedieで調べるとコーヒーの種類について詳しく解説されておりだいたいのイメージがつかめた。

コーヒーの種類について

コーヒー  煎った紙コーヒー豆を挽いて紙フィルターで抽出したもの(訳、焼いたコーヒー豆を細かく砕いてお湯でこしたもの)

エスプレッソ 高温高圧力で抽出したもの(訳、無理やり一気に搾り出したコーヒー)、普通のコーヒーカップの半分の大きさでだされるためデミタスとも呼ばれるらしい(デミは半分、タスはカップ)。コーヒー豆を倍使うとドッピオ(ダブルエスプレッソ)とも呼ばれるらしい。そういえばコーヒーでダブルとか聞いた覚えがある。

カプチーノ エスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたもの


広告

コメントを残す