perlの初心者向けの本「perl言語プログラミングレッスン」を買った。

perl言語プログラミングレッスン

一つ前の記事で書いたRubyの本と一緒に、Perlの初心者向けの本も購入。

perl言語プログラミングレッスン 結城浩 (著) という本。

アマゾンのperlカテゴリトップセラー を見ていると、Perlの初心者向けの定番本というのは自然と絞られて以下の3冊。

  • 初めてのPerl 第5版
    表紙にラクダの絵が載っているのでラクダ本と呼ばれているらしい(追記:ラクダ本というのはプログラミングPerlという本で、これとは違った)。本屋で中身を見たら、自分には高等過ぎる内容だったのでパスした。
  • 新版Perl言語プログラミングレッスン入門編
    今の自分にピッタリの内容だったので購入。perl入門書の大ロングセラーという帯がついているのは、正しいと思う。それ単体だけを見て使える簡単な具体例を上げて、親切丁寧に解説してあるので挫折しにくい。けれど、PHPの勉強の時にお世話になった「やさしいシリーズ」ほどは丁寧な解説は書いてない。
  • すぐわかるPerl (Software Technology)
    この本も評判はいい。本の構成が、練習問題を解きながら、ひたすら1から積み重ねて進めていくタイプなので、面白そうなところから、ランダムに勉強するのが好きな自分には向いていなかった。

というわけで、さっそくperl言語プログラミングレッスンに一通り目を通した。この本は正規表現に大きくページを使ってある。正規表現をもっと知りたいと思っていたので、ちょうどよかった。

自分の勉強法は、まず本の目次をコピーして、ざっと目を通し、その後、本をざっと見て、目次で何度も全体の中での位置を確かめながら、取り敢えず最後まで進む。あとは、実際にプログラムを動かしてみて、わからないときは、逆引き的に本で調べて進む。という感じ。

以上、新版Perl言語プログラミングレッスン入門編のメモ


広告

コメントを残す