新型アクセラ日誌

マツダの新型アクセラは中国でも販売されてる。

マツダは南京に工場を持っていて、アテンザ、デミオ、アクセラは現地生産をしてる。
ただ、新型アクセラは今のところ現地生産はされてない。

売られているのは日本から輸入した車両で関税がかかるためか、日本より高めの価格設定になってる。中国のサイトをみるとよく「进口」という文字を見かけるんだけど、进口という文字が付いてるのは輸入車のこと。昔はこのクラスの車でも関税100%くらいかかってたらしいので、それと比べるとずいぶんお手頃になっていて時代の変化を感じる。

http://www.mazda3-5door.com/
新型アクセラの中国サイト(現地名:MAZDA3两厢)

1.6リッター
MT 13.98万元(176万円)
AT 15.18万元(190万円)

2.0リッター
MT 16.58万元(208万円)
AT 17.58万元(221万円)

円表示はこれを書いてる時点の元のレート(1元12.5円)で計算。(ヤフーファイナンス元・円レート
思ったより価格差がないように感じるが、ドルとほぼ連動してるので最近の円高でかなり割安になってるため。

MAZDA3というのは海外でのアクセラの共通した名称。MAZDA3两厢の後ろに付いている中国語2文字は中国に独特のもので新型アクセラだけに使われてる。旧型のアクセラの方は普通にMAZDA3と呼ばれてる。

アテンザの方も同じで、新型の方は、MAZDA6睿翼という名前が使われ旧型の方はMAZDA6と呼ばれてる。

日本と違うなと思うのは、会社のサイトを見ても、旧型のモデルが新型と横に並べて紹介されていること。さらに中国では、同じ車名の車で現地生産したモデルと、国外から輸入したモデルが共存する場合がよくあるので、車関連サイトを見ていると同じ車名で3タイプ(旧型、新型、輸入車)紹介されてたりして面白いなぁと思う。


広告

コメントを残す