勝手にふるえてろ(綿谷りさ)を一気読み

綿谷りさの久々の新作「勝手にふるえてろ」が出ていたので、週末に買って読んでみた。

前作の「夢を与える」は、かなりの長編だったけど、今回は割りと短めで、相変わらず中毒性のある文章なので、1時間ちょいで一気読み。

勝手にふるえてろは、特別な話を描いているわけではないけど、今を生きている普通の人の中の、ある種の人間の描き方が、とても丁寧で感心してしまう。誰かが死んだり、何か事件が起こったり、ありえないようなことがおきたりせずに、今の日常の一部を正確にとらえていて、その正確さが飛びぬけているから、そこが綿谷りささんの本を読もうと思う理由だと思う、もちろん純粋に面白いからでもあるけど。

小説は、自分にとっては贅沢な楽しみの一つ。気に入っていて、新作が出ると必ず買う作家が数人いて、綿谷りささんもその中の一人。年代が近いし、これからもずっと本を書いていってくれたら嬉しい。


広告

コメントを残す