コレクト情報カードC-531

愛用しているコレクト情報カードC-531のメモ。


コレクト情報カードC-531の写真
説明によると、TOEICやTOFELを勉強している人の暗記用カードとして人気でよく利用されているらしい。


5個ぐらいずつまとめ買いしてます。紙が綺麗な白紙(無地)で、変なマス目などが入ってない点も気に入っています。

情報カードC-531の特徴は大きく二つあって

  • 紙が大きい、大きさは横125ミリ、縦75ミリ
  • 紙質が良くて少し厚手の紙でできている。

私はコレクト情報カードC-531を基本的にメモと、語学の勉強の二つに使っています。

メモは、思いついたことを適当に書きとめています。以前は適当に100円ぐらいのメモ帳にメモしていたんですが、それだと、すぐ紙がボロボロになってしまうんですよね。
コレクトの情報カードC-531にしてからは、しばらくたっても紙がしっかりしているので、保存が利いて見返すときなど便利になりました。

語学のほうは、覚えたい単語やフレーズを書いて、新しい単語やフレーズの暗記と、記憶のメンテナンスに使っています。

紙がしっかりしていて大きい点と、リングなどに収まっていなくて自由に扱える点が気に入っています。

今まで暗記用の単語カードみたいのって続いたためしがないんですけど、これは続いています。

なぜかというと、単純に使いやすいからだと思います。

暗記って単純で基本的につまらないものだから、できるだけ作業をシンプルにして他の余計な作業をしないのがポイントだと思うんだけど

小さな単語カードだと、小さくて見にくかったり、小さくてカードに書き込みにくかったり、カードをめくりにくかったり、要するに使いにくい、ということに、このコレクトの情報カードを使い始めて気づきました。語学は英語と中国語をやっていますが、中国語だと特に細かい漢字を書くのに紙が小さいと書きにくい。。

コレクトの情報カードC-531だとかなり紙の大きさに余裕があるので、自由に書き込みができるし、紙の厚さも結構厚いので、紙がへなへなになったりせず扱いやすい。

記憶の定着したカードとそうでないカードを分けて、覚えてないカードだけ集中して繰り返し暗記できるので効率がいい。トランプみたいにカードを扱いやすい。

また定期的にすべてのカードを見返して、記憶のメンテナンスをして、その際覚えてないものだけまた分けて集中的に覚える~という作業が簡単にできる。

とまあ自分はこんな感じで使っています。

こういう作業に使えるような大きさと紙質のものって探すと自然にコレクト情報カードC-531に行きつくんですよね。

コレクトの情報カードは置いてあるお店が少ないのが難点なんですが(ロフトとかには置いてある)、今はアマゾンや楽天でも買えるようになったので、ずいぶん便利になりました。自分はいつも5個ぐらいづつまとめ買いしています。一個100枚入りで300円くらいですが、使い勝手の良さを考えると十分お買い得だと思います。


広告

コメントを残す