決算書を理解するためのいい本。

ちょっと必要になったので、決算書のことが簡単にわかる本を買って読んでみた。
この本、表紙とタイトルは、なまめかしいけど、中身はまっとうな良書だった。

決算書の読み方とかは、数年前に勉強したんだけど、しばらくまったく使っていなくて、忘れてしまっていた。
詳しいことを覚えてもほとんど使わないとわかったので、大まかな全体像と、大切なポイントだけ抑えれば自分には十分。なので、使う頻度が低い部分をばっさり切り捨ててポイントを絞ったこの本は自分にはぴったりだった。

25分で全部読むのはきついけど、じっくり読んでも1時間で全部読めて、ポイントが頭に入る。


広告

コメントを残す