Man vs. Wild(サバイバルゲーム)でベアグリルスが使っている水筒

この前放送された、ディスカバリーチャンネルのMan vs. Wild(サバイバルゲーム)のFan Vs Wild With Bear Grylls(ファンも一緒にサバイバル)を見ました。途中で水筒を使うシーンがありましたが、ベアグリルスが使っている水筒はやっぱりナルゲンの水筒だった。

ナルゲンは、もともとは、研究用のプラスチックビンとして開発されたもので、品質がよく耐久性が高いため、今では登山などのアウトドア用としても非常に人気とのこと。


NALGENE(ナルゲン)
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan オレンジ 91317
ベア・グリルスが使っていたのは、このタイプのこの色で、プリント部分は少し違った(オリジナル?)。

日本にはナルゲンの公式サイトはないみたいです。
nalgene公式サイト(英語)
公式サイト内商品紹介ページ

Wide Mouth Bottles
公式サイトの説明によると、最も人気なのがこの広口タイプ。
サバイバルゲームでベアグリルスがよく使っているのは、たぶんこの真ん中の「32 Ounce Wide Mouth 」というタイプ。
Ounce(オンス)は体積の単位のことで、アメリカでは1オンス=約29.57ミリリットル。
なので32オンスは約1リットル。

株式会社ハイマウント Nalgeneページ
日本へはハイマウント社というところが輸入をしてるみたい。
ハイマウントといえば、ベアグリルスがよく使っている、あのLITE MY FIRE(ライトマイファイヤー)ファイヤースチールの火打ち石を出してるところですね。

ナルゲンの水筒は実際に買う場合は、アマゾンや楽天が価格が安く、種類もいろいろ揃っています。

nalgene skins
ナルゲンの公式サイトを見てみると、nalgene skins(ナルゲン スキンズ)という、ボトルの表面にオリジナルのプリントをしてくれるサービスがありました。
サイト上で画像とか文字を入れて、オリジナルのデザインを作るとそれを印刷したボトルのカバー(自分でボトルに貼り付けるみたい)や、ボトルとのセットで買えるようになってる。価格はボトル抜きで、8~9ドルくらい。
結構お安いですね。日本でもやればいいのにと思うけど、ナルゲンの名前もアメリカと比べると知られていないようなので需要がないんだろうか。


広告

コメントを残す