pythonのバージョンアップ時のメモ

pythonの2.4しか入ってないので、2.7を入れたところ、なぜか2.4が起動する場合と、2.7が起動する場合がありはまった。
結論

pythonのバージョンを確認して2.4のままの場合、その時のユーザーのままエイリアスを設定しpythonでpython2.7が動くようにしてあげる。

エイリアスの設定は
# vi ~/.bashrc
で行う。

# User specific aliases and functions
という表示があるところにいくつかエイリアスの設定がしてあるから一番下に

alias python=’/usr/local/bin/python2.7′
と付け加えて保存。

/usr/local/bin/python2.7
はpython2.7までのアドレス。

保存したら、
# source ~/.bashrc
で有効化。

これでpythonとコマンドを打つと2.7の方が起動する

バージョン確認は
# python -V
でOK。


広告

コメントを残す