銀聯カードを作ってみた。

この前、中国でのお買い物用に、MUFGカードの追加カードであるMUFG銀聯カードを作りました(日本で作れる銀聯カードのまとめはこちら)。MUFG銀聯カードはMUFGカードの追加カードで、申し込んで1週間くらいで送ってきました。最初に発行手数料1,050円が必要です。

銀聯カード
カードの券面が金色で少し恥ずかしい。もっと目立たない色とか、選択肢があるといいんだけど。

金色が嫌な人は三井住友VISAカードの銀聯カードの方がおすすめ(ただし三井住友の方はWEB明細がなく、紙の明細のみ)。私は、三井住友銀聯カードの方を作りたかったのだけど、WEB明細が必要なので消去法でMUFG銀聯カードの方を選択しました。

このMUFG銀聯カードも三井住友銀聯カードもクレジットカードになっている(キャッシング機能はない)。中国では銀行口座を作るとキャッシュカードに銀聯マークがついてきてデビットカード的な使い方をするので、MUFGや三井住友の銀聯カードは中国の一般的な銀聯カードとは少し違うイメージ。

そもそも、中国の人に銀聯カードって知ってる?と質問すると不思議な顔をされる。銀聯カードという単体のカードがあるわけではなくて、キャッシュカードに銀聯決済の機能がついてるという感じなので、日本で紹介される銀聯カードのイメージと、中国国内の銀聯のイメージはずいぶん違うみたい。

このMUFG銀聯カードの使い方は、暗証番号6桁(最初の2つは0)押した後に、カードの裏にしたサインと同じものをサインして、控えを貰うという流れ。

カードと一緒に送ってきた注意書きに書かれていたんだけど、中国の一部の銀聯カード加盟店では、カードを提示後に、暗証番号の入力が必要なことを申し出ないとカードを使えない場合があるらしい、その場合は

中国語だと、『要输密码』
英語だと、『I must input the password』

と言って必ず暗証番号を入力してくださいとのこと。なんか説明を読んでもどういうシチュエーションなのか意味がよくわからない。今度実際に使ったら感想を書くつもり。


広告

コメントを残す