三井住友ゴールドカードを作ってみた

ちょこちょこ海外に行ったりするようになったので、海外旅行保険の額が大きい三井住友VISAゴールドカードを作ってみた。クレジットカードは種類がたくさんありすぎて、どれがいいか選ぶのが面倒。海外でのサービスや保険がよく、有名なものだと、ダイナースやアメックスだけど、これは年会費が高くて、使いこなせるとは思えなかったので除外。

次に、国内でメジャーなJCBか、三井住友カードのゴールドを検討。保険はJCBのゴールドの方が充実している。ただ三井住友ゴールドカードの方は、年会費割引のサービスがあって、10,500円が4,200円になる。なので、三井住友のゴールドに決めた。申し込みはネットで公式サイト(三井住友VISAゴールドカード)から簡単にできた。しばらく使ってみたら、新しくわかることもあるだろうから、その時にはまた他のカードも検討する予定。ちなみに三井住友ゴールドカードはデュアル発行できるので、VISAとMASTERの両方を作り、片方は、外で使う用、もう片方はおサイフケータイのiDを登録してiD(コンビニとイオンで使う)とネット通販用にして家に置いている。

Mitsui Sumitomo Visa Card
三井住友ビサゴールドカード
外ではVISAの方を使ってる。ゴールドといってもあまりキラキラしてないのがいい。

Mitsui Sumitomo Master Card
三井住友マスターゴールドカード
写真じゃわかりにくいけれど、VISAゴールドとは微妙に色が違う気がする。こちらはネット通販とiD用にして家に置いている。iDはスマートフォンに登録して利用、コンビニとかスーパーでクレカを出さずに、携帯をかざすだけで買い物できるのでかなり重宝している。

三井住友ゴールドカードの海外旅行傷害保険の内容は、これを書いてる時点では
治療費用300万
賠償責任5000万
携帯品損害50万
救援者費用500万
死亡/後遺障害は自動付帯が1000万、利用付帯が5000万

【関連リンク】
三井住友VISAゴールドカード
JCB
楽天カード


広告

コメントを残す