資生堂の尿素10%クリームを使ってみる

尿素系のクリームに興味が湧いたので、さっそく買ってきて使ってみました。
尿素の効果は2つ。

  • 保湿
  • 角質除去

保湿の能力は体感しにくいですが、角質除去の効果は使うとすぐわかりました。

資生堂尿素10%クリーム
【資生堂 尿素10% クリーム】
≫amazon ≫楽天最安値

資生堂の尿素10%クリームはどこのドラッグストアでも見かける。値段は600円くらいとお手軽。パッケージに書いてある文字「UREA CREAM」のUREAとは英語で尿素のこと。ちなみに尿はurine。

お店で尿素入り商品をいろいろみたところ、濃度は10%のものがほとんど。尿素はタンパク質を壊す力があるため、濃度が高すぎると体に害がある。

資生堂の尿素10%クリームUREACREAM
資生堂の尿素10%クリームの中身。

尿素系以外の保湿クリームとは触った時の感触が明らかに違う。柔らかく、肌の奥にまですーっと入ってきそうな感触。尿素はタンパク質の結びつきを弱める力があるため、触った時の感触も、このタンパク質の結合を弱める、という力と関係しているのかもしれない。

いろいろ試して使ってみましたが、尿素クリームを塗ると肌の表面が柔らかくなるのがわかります。一番効果がわかりやすいのは、お尻・・・。夜、お尻に塗って眠ると、次の日の朝、おしりがフワフワになってる。あとは、肘と膝の皮が厚くなった部分も効果が出やすい。尿素クリームの特徴は、この角質除去なので、全身には使わず、角質が厚い部分など、気になる部分にピンポイントで使うことにする。

【資生堂 尿素10% クリーム】
≫amazon
≫楽天最安値


広告

コメントを残す