ル・ジャジャ・ド・ジョー青ラベル(Le Jaja de Jau)

前回に続き、1000円代で買えるワイン。
今度は、同じくフランスの「ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー(Le Jaja de Jau)」。
気軽に飲めるワインとして作られたもので、ルジャジャはワイン関連のスラングで、ド・ジョーがシャトーの名前。
価格は1200円前後。ラベルの色が4種類くらいあって、青ラベルは赤ワイン。緑ラベルは白ワイン。

飲んだのは2009年のル ジャ ジャ ド ジョー
ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー

 

ル・ジャジャ・ド・ジョー

一口目飲んで苦っ!というのが第一感想。
この前飲んだムートン・カデ ルージュに比べると、かなり苦さが強くて、重たい感じ。香りも強い。この重さみたいなものを、フルボディとかミディアムボディとかで表すっぽい。
葡萄の皮が厚くタンニンが強いカベルネ・ソーヴィニヨン100%なので、カベルネ・ソーヴィニヨン20%だったムートン・カデとの違いがわかりやすかったのかも。これは肉汁たっぷりの肉料理と一緒に飲むといいなあという感想。このワインがどうこうではないんだけど、まだワイン自体が美味しいと感じられず。

【関連リンク】
楽天市場で買えるル・ジャ・ジャ・ド・ジョー


広告

コメントを残す