ブーズロン・アリゴテ A et P ド・ヴィレーヌ(白ワイン)

1000円代のワインの次に2000円代のワインを飲んでみた。
値段が上がるにつれて選択肢が広がっていく。
買ったのは、DRCのオーナーが作っていて評判もいいブーズロン・アリゴテ(AetPド・ヴィレーヌ)。DRCってのは、Domaine de La Romanee-Conti(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)社のことで、このDRC社が、あの有名な一本100万円以上するロマネコンティを作ってる。

飲んだのは2009年ブーズロン・アリゴテAetPド・ヴィレーヌ
DSC_0377
ブルゴーニュワインなので、ボルドーワインとはボトルの形が違う(写真じゃわかりにくいけど)

商品データは

白ワイン
AOC ブーズロン
ブドウの品種、アリゴテ100%
産地は、フランスのブルゴーニュ地方コート・ド・シャロネーズ
生産者は、AetPド・ヴィレーヌ

ブーズロンってのは村の名前。
アリゴテというブドウの品種は、白ワイン用のぶどうで、酸味が強く、上品な感じにするのが難しく、作り手の腕が必要らしい。どうりで酸っぱいと感じたわけだ。
ブーズロン地方の動画を見たんだけど、フランスの田舎ってとてつもなく田舎な感じがする。
あと、フランスは緯度で見ると、北海道より北にあるけど、それほど寒いイメージがないのは、海流の影響で北海道ほど寒くないから。

DSC_0379
前に飲んだ、ジャジャドジョーの白ワインとは味が違うのはすぐにわかった。まず、一口飲むと酸っぱいというか酸味のような感じが口の中に広がる。これは今までの白ワインになかったけど、この酸味はブドウの品種のアリゴテの特徴らしい。酸味と同時に感じるのが、酸っぱいフルーツを食べた時に感じるさっぱりしたフルーティーな感触。

このワインは何か料理に合わせて飲んだほうが美味しい気がした。1000円前半のワインと比べると、深みを感じるような気がするけど、これは気のせいかも。

【ブーズロン・アリゴテ ア・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ関連リンク】


広告

コメントを残す