ワインメモ、5本飲んだ後

ワインに詳しい人から、安くてそこそこのワインを5本ほど教えてもらい、数週間かけてボトル全部飲んだんだけど、その後に、某国産メーカーが出していてスーパーにずらっと並んでいる500円前後の某ワインを飲んだら、味の感じ方がかなり変わっていて自分でもびっくりした。一言で言うと、これはブドウジュース・・・。砂糖漬けにする気まんまん。

自分もちゃんとしたワインを飲み慣れる前は、ワインは苦くてどこが美味しいんだろうと思っていて、この手のワインが飲みやすいと思ってたから、いわゆる飲みやすいワインというのはこういう風に甘くせざるを得ないんだろうけど。今はもう飲む気がしなくなって、二度と買うことはないと思う。

公式サイトで商品説明をみても、抽象的な言葉だけが並んでいて、詳しい作り方等には触れていないのが、今あらためて見ると、なるほどと思う。ブドウは海外から、輸入したものを国内でワインにしているということだけはわかった。値段が値段なので、あれだけど、これは作っている人もしょうがなく作ってる気がする。


広告

コメントを残す