スイミングキャップ ミズノ2WAYトリコットキャップ購入

プールでは髪の毛が落ちないようにスイミング用の帽子がないと中に入れないようになっている。

そこで、水泳用のスイミングキャップ(ミズノ(MIZUNO) 2WAY トリコットキャップ(ゆったり) ブラック 85BE10109)を購入。アマゾンで1,300円ほどでした。

このミズノの2WAYトリコットキャップ(ゆったり)は、頭が大きい人でも余裕を持ってかぶれる帽子というのが売りなので、2時間くらいかぶりっぱなしでも圧迫感は0で快適です。メッシュ素材なので通気性もよし。

DSC_0720
ミズノ(MIZUNO) 2WAY トリコットキャップ(ゆったり) ブラック 85BE10109
≫amazon
≫楽天

DSC_0725
素材は水着の素材に似ています。
伸縮性のあるメッシュなので通気性は抜群ですが、水もスースー通るので、プールの塩素入りの水で髪が濡れるのが嫌な人には向いてない。プールで長時間髪が濡れると塩素の影響でシャワー浴びても髪がバサバサになるから、そういうのが嫌でシリコーンのキャップを選ぶ人もいるらしい。
ざっと見た範囲ではスイミングキャップには

  • シリコーンキャップ:シリコン製の頭にピッタリ張り付くタイプ。水は通さない。水の抵抗が少ないので競技用、水で髪が濡れるのが嫌な人も使う。
  • ツーウェイキャップ:縦横に柔軟に伸びる。水着の素材と似たものでできている。通気性がよく水も通すので蒸れない。被っていて楽。
  • メッシュキャップ:ツーウェイキャップとの違いが曖昧。たぶん、ツーウェイキャップみたいな伸縮性がないもの。
  • ツーウェイシリコンキャップ:ツーウェイキャップの外側にシリコン加工したもの。

以上の4つがある。髪が気にならず、快適性を求めるなら、ツーウェイキャップが一番いい。

追記
市民プール検索
公共プールの使い方


広告

コメントを残す