「奇跡の脳」ジル・ボルティ・テイラー博士のリハビリ方法を自分に役立てる

少し前にNHKの番組「復活した“脳の力”~テイラー博士からのメッセージ~」 を見た。

新進気鋭の女性脳科学者として活躍していたジル・ボルティ・テイラー博士。37歳で脳卒中に倒れ、一時、言語や思考をつかさどる左側の脳機能が停止した。8年間のリハビリを経て完全復活を果たした彼女の手記は、脳卒中の実態や脳の未知の力を示す貴重な記録として、人々の共感を呼んでいる。闘病中には不思議な幸福感を感じたと彼女は語る。復活までの軌跡を追い、生命科学者中村桂子さんとの対談を交えて人間の脳の神秘に迫る。

番組の中で「ジル・ボルト テイラー」さんが本を書いていることを知ったので本屋に行った時に科学本のコーナーを覗いたら、平積みになっていたのですぐに見つけることができました。「奇跡の脳」という本です。

ジル・ボルト テイラーさんの脳科学者としての視点から自分の体、脳の変化を客観的に観察している部分も興味深いが(脳の異変に気づいてから倒れて電話をかけるまでの場面は見ていて胸が苦しくなった)、僕が一番興味を持ったのはどうやってリハビリしたかという回復の過程です。テレビで見た感じだとほとんど普通の健康な人と同じように見えたので、どういうリハビリをしてあそこまで回復したのかに興味が湧きました。そしてジル・ボルティ・テイラー博士のリハビリ方法を自分の生活改善にも何か役に立てないかと思ったわけです。 僕は何か病気にかかっているわけじゃないですが、生活習慣を変えるのに役に立つんじゃないかとアンテナが反応したわけです。

本を読んだんですが、だいたい番組の内容と同じで、テレビの方が本人が直接語っているので頭に入りやすい気がしました。
リハビリの部分を特に興味を持って読みましたが、

  • 目標とする行動の手順をできるだけ細分化して一つ一つ実行していく
  • できないことではなく、できることを大切にしていく

この二つは普段なんとなく感じていることで、共感できました。これから具体的な行動に落とし込んでいきます。

奇跡の脳
奇跡の脳 Jill Bolte Taylor 竹内 薫

おすすめ平均
starsもう一度成長する
starsまさに奇跡の本
stars読むに値します・・・
stars言葉で便利になった世の中は、人間らしさを奪ってるのではないか?
stars奇跡の本!

Amazonで詳しく見る


広告

コメントを残す