上海の人民広場横にある来福士内の満記甜品(ハネムーンデザート)

满记甜品(Mănjì Tiánpĭn)、英語名はHoneymoon Dessertという人気のデザートのお店に行ってみた。本社は香港にあり、私が行ったのは上海の人民広場のすぐ横にある来福士(Raffles City)の地下一階のフードコート内の支店。来福士というのはシンガポール資本のショッピングセンターで、この当たりでは地元の若者に一番人気の場所とのこと。平日の夜の7時くらいに行ったんだけど、満席で座れず持ち帰りにした。お客は20代くらいの若い人がメイン。

DSC_0976
ハネムーンデザートは、お店の前にメニュー表が置いてあるので、持ち帰りの場合はそれを見て立ったまま店員さんに注文できる。店員さんはタッチパネル式の携帯端末で注文を打ち込んでいた。5分ほど待つと袋に入れて持ってきてくれた。私が頼んだのは確か30元(440円くらい)のモノだった、結構高い気がしたんだけど、地元の人に聞くとデザートはこのくらいの値段が普通とのこと。上の階でお腹いっぱい食べた夕御飯が20元だったので割高に感じてしまう。

DSC_0978

どれが人気メニューなのかわからず、単に自分が好きなデザートのセットの物を選んだ。ジュースがかけてあって、これは種類を選ぶことができたのでマンゴーを選んだら甘い甘い。果物は普通に美味しかったけど、個人的には普通に果物を切っただけの物が美味しい気がした。


広告

コメントを残す