岩瀬大輔さんの動画を見た

日経ビジネスアソシエ プロフェッショナル解体新書 ネットライフ企画の岩瀬大輔

岩瀬大輔さんの連載は雑誌やネットで見かけたら読むようにしている。
動画で見るのは始めて。面白かったので岩瀬大輔さんの発言の中で気になったことをメモ。

  • 自分の強みは、自己認識というか一歩引いてわかること
  • ブログで面白いと言ってもらえる記事は、みんなわかってたけどモヤモヤしていた物をはっきり言葉にしたもの。
  • 仕事が速い人、上手な人を見ていると、何が自分の仕事の障害になっているか?どうすれば上手く行くか?が見えていてそれを意識して仕事している。そういうことが昔から得意だった。

このインタビュー見てすぐに茂木さんが話していたミラーニューロンのことを思い出した(参照記事)。
以前からうすうす感じていたんだけど、自分を1人の他人のように外からの視点を持ち観察できる人というのは、自分だけじゃなく他人を観察することも上手。順番としては、まず他人を観察する力がついて、それによって自分自身を観察する力も伸びる、もしくは両方がフィードバックしながらほぼ同時に伸びていくのかもしれない。という気がしている。これにはミラーニューロンが関係してるんじゃないだろうか。

ミラーニューロンは抽象的なものではなく、具体的な行動によって機能し、また対称との距離も関係しているらしい。
「つまり生身の人間を前にしないと人間は本気になれない」ってやつ、たぶん

http://diamond.jp/series/takagi/10013/
http://diamond.jp/series/takagi/10014/
ライフネット生命保険株式会社
岩瀬大輔代表取締役副社長 に聞く
「“相手の視点”に、成功のヒントがある」

このインタビューに載っていた以下

岩瀬 プレゼンにかぎらず、僕が好きな仕事スタイルは“クイック&ダーティ”です。完璧なものを2週間かけてつくるより、短期間でつくったり壊したりを繰り返したほうがいい。

 だからBCGにいたときも、「こんなにちょこちょこ上司のところに来るヤツは初めてだ」とよく言われました。とりあえずワッとつくれるだけつくって、すぐに上司のところに持っていく。そして「ここで悩んでいるんですけど」と相談を持ちかけて、その場で赤ペンを入れてもらう。そうすると、すぐ次に進めますね。この回転の速さが重要だと思います。

この辺読んでいかにもミラーニューロンが活発に働きそうなことしてるなぁと感じた。実際にはミラーニューロンのことはまだわかってないことが多いらしいけども、こういう実際に行動し、数をこなすと自分の能力が上がるスピードが速いというのは実感として凄くある。


広告

コメントを残す