多崎つくる君

やっと村上春樹の新作色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年を読んだ。

今までのものに比べるとずいぶんすっきりした感じであっさり読めた。灰田君の存在が謎だったけど。個人的には村上春樹より村上龍の方が全然面白いと思う。

あと、英語の勉強も兼ねて、1Q84の英語版をキンドル(1Q84 [Kindle版])で読んでるけど、まだ5ページくらいしか進んでいない・・・。

ついでにhttp://www.audible.com/で1Q84のオーディオブックも買ってみた。日本のアマゾンでもオーディオブックを買えるけど、数が少なくて、高いのでオーディオブックで一番有名なaudible.comを使ってみた。audible.comは米国amazonの仲間なので米国アマゾンのアカウントを持っていたら、面倒な設定なしですぐ使えるようになる。持っていない場合は、米国のアマゾンのアカウントを作るように言われる。

価格設定がちょっと馴染みがない仕組みになっていて、

Membership Details
*Your credit card will be charged $7.49 per month, for the first three months, $14.95 thereafter. With your membership, you will receive one credit every month, good for any audiobook on Audible.

Cancel anytime, effective the next monthly billing cycle.

となっている。
最初の3ヶ月は月7ドルちょっと払って毎月1冊自由にオーディオブックを選べる、その後$14.95になる、毎月1冊選べるのは同じ。これが基本コースみたい。もちろん他に買いたい本があれば好きに買える。日本のアマゾンで1Q84のオーディオブック(1Q84 [Audiobook] [CD])を買うと2400円くらいなので、これ一冊買うだけでもaudible.comを使った方が安い。

海外のアマゾンから商品を買う場合は送料がネックになる場合が多いんだけど、オーディオブックの場合はデジタルデータでなにも障壁がないので気軽に利用できる。


広告

コメントを残す