携帯顕微鏡「Kenko ドゥネイチャー顕微鏡 MICROSCOPE STV-40Mコンパクト」を購入とか

夏が近づいてきて、よく虫とか飛んでいるのを見かけるようになって、急に昆虫観察できる顕微鏡が欲しくなった。

本格的な室内で使うタイプじゃなくて、外で気軽に使える数十倍のタイプを探して購入(→Kenko ドゥネイチャー顕微鏡STV-40Mの最安値)。STV-40Mと同じ値段くらいで倍率200倍なんてのもあるんだけど、この20倍~40倍のタイプでもピント合わせがギリギリな感じなので、400倍はオーバースペックで扱いづらいと思う。倍率が高ければ高いほどいいというわけじゃないので注意が必要。今回買ったドゥネイチャー顕微鏡STV-40Mは1400円くらいだったけど、これは買って文句言う人はいないだろうな、というくらいお得感がある。この顕微鏡は大人が使っても面白いけど、もうすぐ夏休みなので、子供へのプレゼントに凄くいいと思った。

DSC_0027

パッケージに説明があるように、

  • 外で使いやすいハンディタイプ
  • 倍率変更可能
  • LEDライトで見やすい

この3つが特徴。あと付け加えるなら、安いのもポイント。倍率は20倍~40倍。

DSC_0028

中身は専用ケースと、本体、台座、プレパラートが入っていた。LEDライトの電池も最初から入っていた。これで1400円は文句なしに安い。

DSC_0034

「Kenko ドゥネイチャー顕微鏡 MICROSCOPE STV-40Mコンパクト」の本体。丸いボタンがLEDライトのスイッチ。左の少し下にあるスライドするボタンが、ピント調整用ボタン。左上に見えるギザギザの付いたスイッチが倍率変更ボタン。

DSC_0037

これは説明書の文字を顕微鏡で見て、それをスマートフォン(ソニーエクスペディアA)で撮影したもの。何も他の道具とかは使わず、手で調整して撮ってみた。スマホのカメラ部分をレンズの上に置いて画面に映るように手で調整して撮影したんだけど、外で動いている虫とかを撮影するのは無理。スマホで撮影できるような簡単なキットを数百円で用意してくれたら便利だなぁと思った。

DSC_0039

ちょっと生生しいけど、Homo sapiensの皮膚をこの「Kenko ドゥネイチャー顕微鏡 STV-40M」で撮影してみた。毛の生え方とか予想以上に綺麗に見えるんでびっくりした。

 

Kenko ドゥネイチャー顕微鏡 MICROSCOPE STV-40M


広告

コメントを残す