Google Geocoding API V3への対応とか

Google Geocoding API V2(グーグル ジオコーディング V2)がいつの間にかサポート終了してた。
前のURLを利用するとエラーが出るようになってたので、新しいV3に対応できるようにかなり久々にソースをいろいろいじってみた。

プログラムはできるだけやりたくないので、最短の方法を探してみた。

V2の時はXMLでレスポンスを受けてたけど、XMLはレスポンスが長いので、JSON推奨とのことでJSONを利用。
専用のクラスを作っていたのでこれを書き換えるだけで対応できるようにした。

V2からV3に対応させるために書き換えるのは、URL部分と、JSONに対応させる部分だけ。
使用したのはPHP

JSONは、

file_get_contents

でレスポンスを受け取って、

json_decode

で配列に入れる、この時tureを付けるのを忘れない。

データの取り出し方は$geoにjson_decodeのデータを入れたとしたら、

$geo[status]

でstatusの中身取り出せる。アドレスは複数返ってくる場合があるので

$results = $geo[results][0];

として一個目を取り出す。

配列の下にたどっていくには

$results[geometry][location][lat]

みたいにすればOKだった。

Google API Expertが解説する Google Maps APIプログラミングガイド
Google Maps APIプログラミング入門
完全解説地理情報プログラミングの基本と応用 [ 川俣晶 ]


広告

コメントを残す