さくらのレンタルサーバーのバージョンアップでのエラー

さくらのレンタルサーバーが今順番にバージョンアップされているんだけど
バージョンアップ後にサイトがすべて表示されなくなった。
試行錯誤して、今は解決したので一応メモ。

まずWORDPRESSが表示されず「500 Internal Server Error」が表示されるようになった。
これはさくらのレンタルサーバのコントロールパネルから「PHPのバージョン選択」を選んで他のバージョンに変更するとあっさり表示されるようになった。推奨とされている標準のPHPでなぜエラーがでるのかは不明。

次に、静的ページで拡張子なしで、PHPファイルが表示されなくなった。
原因を探すためにHTMLファイルを置くときちんと表示され、中身がからのPHPファイルを置いてもエラーが出た。
なのでPHPの中身ではなく「.htaccess」が怪しいと思い調べて見た。

さくらからのお知らせメールにも「Apacheのバージョンアップにともない、.htaccessの書式変更が必要になる場合があります。」書かれていたんだけど、Apache 1.3 → Apache 2.2とアップグレードされるから、拡張子なしでPHPファイルを表示させるには

「MultiviewsMatch Handlers Filters 」

を.htaccessファイルに書いてあげる必要があるらしい。

以上の2点を変更したらすべて問題解決しました。

今まではさくらのレンタルサーバーはメモリ等少なくてワードプレスを動かすと遅くてストレスを感じていたんだけど、今回の改良でメモリー容量2GB→メモリー容量18GBとなり体感的にもはっきりわかるくらい早くなった。これだけ早ければキャッシュ系のプラグインもいらない気がする。

さくらのレンタルサーバーは、A8.netに登録してから、自分で申し込むと一ヶ月分の料金が貰える。お試し期間は2週間。

さくらのレンタルサーバ


広告