東急ステイ蒲田に泊まってみた。

用事があって日本の東京の蒲田にある東急ステイ蒲田に宿泊。東急スティは都内に十数店舗のホテルを持つビジネスホテルのチェーン。利用するのは始めて。羽田空港から近くて、羽田空港で下りてすぐに京急空港線という電車があるので、それに乗ると空港から、近くの京急蒲田駅まで10分くらい、京急蒲田駅からは歩いて、5分かからなかった。近くにはJRの蒲田駅もあるけど、こっちはホテルから歩いて10分ちょいかかる。空港への行き来には京急蒲田駅を使って、あとはJR蒲田駅を使った。

東急スティ蒲田がオープンしたのは2011年4月なので、まだ開業後3年ほど。なので部屋も浴槽もきれい。特にお風呂場は新品同様で清潔感一杯で気持ちよかった。以前、新築で開業2年目の中国の超高層タワーに入っている高級ホテルに泊まったら、あまりの劣化具合に驚いたことがあるんだけど、日本のホテルはやっぱり劣化具合とか全然違う、ビジネスホテルなのに、細かい部分の仕上げも綺麗。ただ価格もそれなりに高い。

DSC_0894
写真を撮ろうと気づいたのはすでに部屋でくつろいだ後だったので、綺麗な写真はなし。ベッドと壁の隙間はこのくらい。部屋はいわゆるビジネスホテルの広さで、かなり狭いけど、慣れると別に平気なレベル。ビジネスホテルに始めて泊まった時はあまりの狭さに衝撃を受けたんだけど、人間の慣れ、という習性は凄い。タバコは吸わないけど、禁煙ルームしか空いていなくてタバコの匂いはかなり気になった。空気清浄機は全開で働いていたようでくたびれている様子。加湿機能もついているけど水は自分で入れないといけない。部屋全体はめちゃくちゃ綺麗だけど、空気清浄機だけはくたびれていた。タバコの破壊力は凄まじい。

DSC_0895
ベット。クッションも効いていて、枕もホクホクで、細長い棒みたいな奴もあって寝心地は良かった。ボロボロのビジネスホテルにあるような堅いベッドとは大違い。これも十分快適。

DSC_0896
一番良かったのはバス・トイレ。とにかく綺麗。ほぼ新品状態だった。そしてバス・トイレが広い。広すぎてベッドルームの方が狭くなっているんだろうけど、これはこれでありだと思う。ビジネスホテルのお風呂でゆっくり足を伸ばしてくつろげるのはかなり嬉しい。ここだけ見たら普通のホテルのお風呂なみ。

価格は他のものとセットでの料金だったので正確にいくらかはわからないけど、楽天トラベルの東急スティ蒲田宿泊プランを見ると1万円弱くらい(8000円~10000円)。すべて一定水準は満たしてるから安心して泊まりたい場合なら選択肢になる。夜寝るだけ、と考えると、正直5,000円ぐらいで抑えたいけど。出張とかで会社が出してくれるなら文句なしのホテルでしょう。リピートするか?と聞かれたら、するとは答える。

楽天トラベル 東急ステイ蒲田
Expedia 東急ステイ蒲田

このホテルがどうこうじゃないんだけど、他の相場とか考えないで、純粋に価格だけ見ると一泊して1万円って凄く高いなぁ感じてしまう。


広告

コメントを残す