スカイマークの飛行機に乗ってみたら快適だったこととか。

久しぶりにスカイマークの飛行機に乗ったら意外に快適だった。これならまたリピートする、と思った。

具体的に良かったのは、

  • 予想以上に座席が広くてゆっくりできる。
  • 余計なサービスがない
  • 飲み物サービスは100円なので、高くない。

よくなかった点は、

  • 出発が遅れた点。

会社の経費とかで移動する人は別として、自腹の場合は十分選択肢に入るというのが感想。
前回スカイマークに乗ったのは、いつか覚えてないくらい昔なので、昔のことはわからないんだけど、
なんとなくイメージ的に、スカイマークは狭くてサービスも悪い、という印象を持っていた。
だけど、実際に利用してみたら、まず座席が広いのが意外だった。スカイマークにどういう機体があるのか詳しくないけど、利用した航路は往復してどちらも座席は広くて快適だった。最近はエアチャイナとか、中国東方航空とかの日本中国往復便に乗っていて、あの座席の狭さに慣れていたので、それに比べるとスカイマークの座席の広さは天国。客観的に見てもあれだけ広ければ快適だと思う。気になったので、調べてみると、同じ航路のJAL、ANAと比べても座席の広さは変わらないとのこと。価格に関しては、出発直前で予約する場合にスカイマークは安いチケットとして候補に上がってくる。

チェックインは、自動チェックイン機が空港にあって、そこで座席指定等ができる。スカイマークの自動チェックイン機を使うのは始めてなので、近くにいたスカイマークのお姉さんにいろいろ聞いたところ、おすすめの座席を教えてくれて、非常口のところの座席は足元に荷物を置くことができないけど、広くておすすめ、とのこと。なので非常口の窓際を指定した。非常口付近というと、機体によってはキャビンアテンダントの人と向かい合って座ることになるタイプもあるけど、利用した機体では普通の座席の途中に非常口があるタイプで、何も問題なかった。この非常口以外の席も十分広い。実際に座ってみると、足を十分に伸ばせて快適だった。利用した時は、横がすべて空席だったので、ストレス0で、こんな環境なら飛行機の移動も楽だなと思った。

機内サービスはJALとかANAを利用しても、どのみちサービスは利用しないので、いろんなサービスを利用しない人にとっては、一体どこにサービスの差があるのかわからない。なので、スカイマークのような余計なサービスを省いた選択肢があるのはありがたい。

マイナス点を書くと、利用した時、往復どちらも遅延が発生して出発が30分ほど遅れたこと。30分ほどなので、それほど気にならなかったけど、気になる人は気になるだろうなと思った。こういう物は感覚ではなくて、客観的なデータを見ないといけないので、国土交通省から発表されている遅延のデータを見ると、確かに、ある一定の期間によってはスカイマークの遅延が極端に多い時もあるけど、それ以外では極端に遅延が多いというわけでもなかった。ただ、JAL、ANAに比べると明らかに遅延は多い。

スカイマーク以外にも、安い航空会社が増えてきて、こういう格安航空会社が出てきて、日本だけじゃなくて、アジア圏も気軽にいけるようになって、これって確実に、特に若い人にとっては良い世界になっていってるなぁとしみじみ思った。


広告

コメントを残す