支払い期限の過ぎた株式の配当金を銀行口座に振り込んでもらう。

数年前に家に送ってきて、換金するのを忘れていた株式配当の引き換え券を発見した。
この引換券のことは、配当金領収証と言うらしい。
この配当金領収証に書いてある説明を見ると、払渡し期間はもうとっくに過ぎていた。この払渡し期間中なら、近くの郵便局に持って行くとすぐに配当金を現金でくれるんだけど、期間が過ぎると、郵便局での換金はできなくなる。

払渡し期間が過ぎた場合は、表面の受領印欄に印鑑を押してから、指定の信託銀行へ、配当金領収証を郵送で送るか、直接、持参して換金することになる。今回は、三井住友信託銀行だったけども、これは上場会社によって違うようで、三菱UFJ信託銀行とか、他の信託銀行の場合もあるもよう。それで、今回は、近くに信託銀行は無かったので郵送での手続きに挑戦してみた。

郵送の場合は、表面の受領印欄に印鑑を押して、裏面の欄に必要事項を記入する。

haitou
こんな感じで、送金先は、銀行かゆうちょを選べる。今回は試しにネット銀行を指定した。
ネットバンクの口座情報等、必要事項を書いた後、極普通の封筒に折りたたんで入れ、郵便局に持っていった。
封筒が薄くてペラペラだったのでちょっと心配になり、一応、厚めの紙に、配当の送金の依頼です、と書いて、それで包んでから封筒に入れておいた。
80円の切手はあったので、それを貼って、消費税で値上がりした2円分の切手を窓口で買って貼って貰ったんだけど、宛先が信託銀行になっているのを見て、速達だか、書留だかにしなくていいですか?と聞かれたけど、普通でいいですと言って82円分の切手を貼って発送。もし金額が大きいなら書留とかにすると思うけど、今回は少額なので普通郵便でいいと判断。

入金まではだいぶん時間がかかるだろうと予想してたんだけど、意外に早くて、2週間もかからずにネット銀行の口座に配当金が振り込まれてきた。振込は「ミツイスミトモシン ハイトウシツ」から。振込だけど手数料等は一切かからず、表示されていた配当金の額がそのまま振り込まれていた。ネット銀行の口座でも問題なかった。

今まで何回か配当金を換金し忘れて無駄にしたことがあるけど、今回、郵送で簡単に送金してくれることがわかったので、これからは無駄にしないようにしよう。


広告

コメントを残す