プールで塩素から頭皮を守るためにアリーナ(ARENA)2ウェイシリコンキャップARN4420を使ってみた

プールで泳ぐときに、今までは普通のメッシュ素材のツーウェイ帽子を使っていました。ツーウェイ帽子というのは、縦横両方向に伸びる素材のことで、かぶっていて圧迫感がほとんどなく通気性もいいので蒸れない。だた、逆に言うと、塩素を含んだプールの水もスースー通るので塩素で髪の毛や、頭皮がダメージを受けやすくなる。

最初はそんなに気になっていなかったけど、最近塩素での傷みが気になりだしたので、そういえばシリコン素材のキャップだと水を通さないので、髪にいいと聞いたのを思い出してシリコンキャップを買おうかと思った。しかし、シリコンキャップはほんとうに頭にピッタリと密着して、試合などで利用するもので、普通プールで健康のために泳ぐ人は使わないらしい、そこで登場するのが、2ウェイシリコンキャップ。

2ウェイシリコンキャップは、普通のツーウェイキャップ(縦横に伸びるもの)の外側にシリコンでコーティングをしたもので、ツーウェイキャップの伸縮性と、シリコンの水が通りにくい(完全防水ではない)という両方の性質のいいとこ取りをしたもので、今はこのタイプが使いやすいために人気らしい、とプールに来ている人から聞いた。そこで私も、このツーウェイシリコンキャップを購入しました。メーカーは以前はミズノをキャップを使っていたのですが、今回は「アマゾンでのツーウェイシリコンキャップ」と「楽天のツーウェイシリコンキャップ」を調べて、一番売れていたarena(アリーナ)の2ウェイシリコンキャップ ARN4420を選びました。

アリーナ(ARENA)2ウェイシリコンキャップARN4420
今回購入した2ウェイシリコンキャップ ARN4420

アリーナ(ARENA)2ウェイシリコンキャップARN4420の生地の表面
アリーナのツーウェイシリコンキャップの表面、シリコンコーティングされていてツルツルなのがわかる。

アリーナ(ARENA)2ウェイシリコンキャップARN4420の帽子の内側
こちらがツーウェイシリコンキャップの裏側。シリコンではなく、伸縮性のある繊維でザラザラしているのがわかる。

ツーウェイシリコンキャップの使い心地ですが、以前使っていたメッシュタイプのツーウェイキャップに比べると、圧迫感はあります、かぶるときもちょっときついです。ですが、最初だけで、2回か3回使えば、もう慣れて全く気にならなくなるレベルでした。プールで2時間くらい泳いだ後での、髪の状況ですが、以前のメッシュタイプと比べると明らかに髪の傷みが減っているのがわかりました。以前は、泳いだ後シャワーで髪を洗うとき髪がパサパサで指が通りにくかったんですが、シリコンツーウェイキャップに変えてからは、指が通るようになりました。これだけ効果があるなら、もう普通のメッシュキャップには使うことは無さそうです。今回は良い買い物ができて満足しています♪

【楽天】2ウェイシリコンキャップ ARN4420
【amazon】2ウェイシリコンキャップ ARN4420


広告

コメントを残す