ツヤが無くなったコードバンの財布にアニリンカーフクリームを塗りツヤを復活させる。

K.T.Lewiston(KTのルイストン)のコードバン製のコインケース(K.T.Lewiston KTW008 馬蹄コインケース)の艶がなくなっていた。艶を回復させるために、最初は、革靴のメンテナンス用として持っていた定番のM.MOWBRAY/エムモゥブレィ デリケートクリームを塗ってみたが、艶は全く回復しなかった。もしかしたら少しは回復したのかもしれないが、自分の目で確認できる程度ではなかった。もう一度塗ってみたが駄目で、3回目を塗っても駄目だった。最後にたっぷりとクリームを塗り、5分位置いて、それから布で乾拭きとブラッシングをしてみたが、それでも艶は回復する気配すらなかった。

デリケートクリームを塗る前の状態の写真を撮り忘れていたが、デリケートクリームを塗ったとの以下の状態とほぼ同じだった。艶が全くなく、カサカサして表面に細かいひび割れみたいな物が無数に見えていた。艶と言ってもそんなにピカピカの艶が欲しいわけではなくて、せめてカサカサした感じは無くなった欲しい。

艶がなくなったコードバン財布

艶がなくなったKTルイストンのコインケース

デリケートクリームが艶出しには効き目がなかったので、次にネットでちゃんと調べてみると、コードバンの艶出しには、同じくモゥブレイから出ているM.MOWBRAY/エムモゥブレィ アニリンカーフクリームがいいとのこと。こちらはツヤを出す成分が入っているらしい。

アニリンカーフクリーム

アニリンカーフクリームの中身

アニリンカーフクリームは、デリケートクリームに比べると、かなり硬めで粘性が高い。ブラシに取ると、そのブラシがベタベタになる。なので、これ専用のブラシを用意したほうが良かった。ブラシは、ペネトレイトブラシ 豚毛がかなり便利。クリーム類は布に付けて使うより、ブラシに付ける方がクリームがよく伸びるので、消費量が少なくなる。

さっそく試しにアニリンカーフクリームを塗ってみると、前のデリケートクリームと違い、すぐに艶っぽい感じが少しだけだが出てきた。しかし、コードバン本来の艶から比べるとまだまだなので、2回、3回と塗ってはブラッシングを繰り返してみた。艶はほんのちょっと回復したが、まだ足りないので、次に、革の表面に膜ができるくらいアニリンカーフクリームを厚く塗り、表面のクリームが乾燥して少し白っぽくなるまで10分ほど置いた。それから、布とブラッシングで、ひたすら磨いた。表面の革を痛めないように、力を入れずに軽く何度も磨いていたら、表面に厚く塗り固まっていたクリームの層の下から綺麗な艶のある面が出てきた。この艶は今までの艶とは違い、割りと満足できるレベルの艶だった。

気をつける点としては、塗った後固まったクリームは中々落ちないので、綺麗にブラッシングしてやらないと、余計艶がなくなってしまう。布は最初ティッシュペーパーを使っていたんだけど、すぐにポロポロと崩れて分裂するので、使い古して着なくなったTシャツを使用した。Tシャツの使い勝手は抜群だった。

クリームを塗る前と後の変化の写真が以下。

アニリンカーフクリームを塗る前のコードバンの状態
塗る前

アニリンカーフクリームを塗った後のツヤが復活した状態
塗った後。

ツヤを復活させる前のコードバン

X5RIsR0Vha25V6wQSucYp6k5ptIeqRlCTQXrzrgvU40
後。この写真は艶が戻って来たのがわかりやすいと思う。

艶がなくなりカサカサに乾燥しているコードバンの革の表面

アニリンカーフクリームを塗り、ブラシで磨いた後のコードバンの表面
後。表面をよく見ると、まだカサカサした感じが残っている。

元々の艶がまだ残っているコードバン部分

この部分はコインケースの内側なので、普段は外の環境に触れない。なので、新品時の艶に一番近い部分。クリームで艶が復活しても、このレベルにまでは戻らなかった。しばらくしたら、またクリームを塗りブラッシングして、これ以上艶が回復するか試してみるつもり。

【amazon】M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム
【楽天】M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム


広告

コメントを残す