グーグルのクロームでパスワードを保存する設定にしているのに、保存できない場合の対策

ネットのブラウザは、グーグルのクローム(Google Chrome)を使っている。特に不満がないどころか、満足していたんだけど、最近、パスワードを記憶しなくなって困った。以前は、一度ログインして、パスワードを保存したサイトには、再度パスワードやIDを入力することなしにログインできていた。もし一旦ログアウトしても、自動で、IDとPS(パスワード)欄に、保存したIDとPSが入力された状態になり、ログインボタンを押すだけで良かった。
ところが、最近、一旦入力して、保存しても、再度ログインするときに、IDもPSも入力されなくなった。ログインするたびに、いちいち入力するのは面倒すぎるので対策を調べてみた。

基本的なところで、クロームの詳細設定で、パスワードは保存する、にしているとかは、当然やっているので、他の対策方法を調べてみると、ユーザーの設定ファイルを一旦削除すると解決した、という情報があり、試しにやってみたら解決した。

やり方は、

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

にある、Defaultというフォルダを自己責任で一旦削除(念のために、バックアップをとっておく)して、クロームを再起動するとあっさり解決。削除するときは、クロームはバックグラウンドで動いてる分も削除しないと、このフォルダは削除できない。
このフォルダを削除すると、ブックマークや保存したデータも消えるんだけど、クロームのSYNCだったか、なんかデータを同期しているので、クロームを再起動後グーグルにログインするとブックマークどころか、自動入力されなくなったIDやパスワードもすべて復活してくれて快適になった。

注意する点は、そもそもグーグル自体のIDやPSがないと、同期できないのと、設定で同期させてないと、ブックマーク等も復活出来ない点とか。


広告

コメントを残す