DENTS(デンツ)のカシミアライナー付きディアスキン手袋を買ってみた

DENTS(デンツ)のカシミアライナー付きディアスキン手袋

イギリスのDENTS(デンツ)のグローブ(手袋)を購入。

DENTSと言えば、ペッカリーの手袋が有名だけど、あのシワが多い感じがあまり好みではなかったので、ディアスキン(鹿革)の方を購入。ちなみにペッカリーがどんな動物かというと「動物 ペッカリー」で検索すると出てくる。ペッカリーのカシミアライナー付きだと日本での定価は64,000円(税抜き)、鹿革のカシミアライナー付きだと41,000円(税抜き)とめちゃくちゃ高い・・・。これは別に日本だけで高くなっているわけではなくて、イギリスの公式サイトにある通販サービスを利用して個人輸入してもそんなに差がない。

公式サイトの価格は、鹿革のカシミアライナー付きが185ポンド(34,040円)、ペッカリーのカシミアライナー付きは299ポンド(55,016円)、1ポンド=184円で計算、同じ型番を比較。イギリスの税金20%分がこれから引かれて、送料15ポンド(2,760円)と関税12.5%、あと日本の消費税8%がかかるから、ざっと計算すると数千円の差。

いろいろ試着をして、羊のあの肌に密着するような柔らかさも魅力だけど、ディアスキンの表面の感じが気に入ったので、結局ディアスキンを購入。基本的にDENTSには、各素材ごとに、ライナーあり、なしと、ありの場合は、カシミアライナーと、それ以外(ラビットファーとかウール)がある。形的には、スナップボタンとベルトがあるタイプと、ボタンのみ、ボタン無しがある。DENTSを代表するモデルは、カシミアライナー付きで、スナップボタンとベルトがあるタイプ。ライナーは最初必要ないかも?とかベルトとボタンとか面倒なんじゃ?と思っていたものの、実際に冬になって使ってみると、買うなら、カシミアライナーあり、ベルトとボタン付きのタイプ一択だと感じた。ライナーがないと保温性が低くてはっきり言って機能的な手袋の意味がない。あと、ベルトとボタンが面倒だと感じることはなかった。靴の場合だと、履くときに、止まって靴紐を結ぶけど、手袋だと、装着して、ベルトを締めて、ボタンを止める行為を移動しながらできる。なので不便さはなかった。逆にベルトで手首部分を締めることで、風が入らないので快適♪

DSC_4753

無印良品の革手袋も持っているんだけど、全く知らない人に較べて貰ったら、違いはそうわからない気がするので、ほとんど自己満足の世界だとは思う。DENTSを装着した時の具合は、良いことは良いけど、そう特別ではなくて、普通に良いという感じ。サイズは、標準体型で、7.5を選んだらピッタリだった。親指だけがほんの少し余るけど、全く問題はないレベル。このサイズだと脱着も用意だった。あと、気をつける点は、DENTSは、安価な手袋も結構出していて、なぜかフィリピン産とかも展開しているもよう。イングランド産には、「Made in ENGLAND」のタグがついているけども、それ以外には「Made in」の文字が無くて単に「England」とだけ書かれていたりする。今回DENTSの手袋を買ってみて、値段以外は特に不満点はなかったので、あとは壊れるまで長く使っていくつもり。

■楽天市場 DENTS手袋

■Amazon DENTS手袋


広告

コメントを残す