台湾の通販サイトから代行業者経由で個人輸入してみた。

探していたある商品が日本には在庫がなくて、英語で海外サイトを探してもなくて、中国語で探したら台湾の通販サイト(台湾の楽天市場)で見つかった。台湾は日本へ配送してくれる通販サイトもあるんだけど、在庫が見つかったサイトでは日本への配送をしていなかった。台湾の楽天市場は、日本へ配送をしているショップとしていないショップがある。そこで今回はじめて代行業者を使ってみた。

具体的な会社の名前は出さないけど、検索するとだいたい2箇所見つかる。今回はその片方を利用。やり取りは、すべてメールで、料金は日本円で銀行振り込み(PAYPALも可だったが手数料が高いので振り込みを選択)、最後まで問題なく取引出来て簡単だった。

代行会社との具体的なやりとりは以下。

見積もりを出してもらう。(通販サイトの商品URLと商品名、個数、配送先住所等)。すべて日本語でOK。

数時間後には、見積もりが台湾ドル(NT$)と日本円で返信されてきた。その見積もりでOKなら金額を振り込むことで、取引開始。振り込み口座は日本国内なので振込手数料は安かった。

振り込んで、振込完了のメールを送ると、また数時間後にはメールで、取引を開始すると返信があった。

その後3日ほど連絡がないので、こちらからメールしたところ、まだ通販サイトから商品が到着しないとのこと。代行業者のレスポンスは早いんだけど、肝心の通販サイトの発送が遅い。台湾ではよくあることらしい。

結局1週間ほどして、ショップから発送完了したと連絡があり、その後代行業者に到着してその日の内に発送してくれて、追跡番号と合わせて連絡があった。

台湾を発送後、次の日には日本到着、さらに次の日には関税も通過して国内発送され、3日めには配達された。関税はなく、商品を受け取るだけでよかった。追跡過程を見ると税関は50分で通過していた。

購入したのは3万円ほどの商品で、代行業者の手数料が3千円弱、送料が大きめのダンボール一個で3,000円くらい。台湾郵便で送られてきて、日本の郵便局の追跡サイトで、配送状況は確認できた。

今回はじめて代行会社を使ってみたけど、簡単で便利だったのでまた機会があれば利用するつもり。代行会社の担当の人は台湾人の方だったけど、日本語のやりとりには問題がなく、とにかくレスポンスが早いのでびっくりした。夜メールしても1時間もせずに返信が来るので、日本とは違ってスピード感があるなと思った。担当の人が、本名をフルネームで載せてるのも日本じゃあまりないような気がする。

あとは、お金の振込みが、メールのやり取りだけで、相手を信用して振り込むことになるので、この辺もあまりない経験なので面白かった。


広告

コメントを残す