タグ別アーカイブ: カジュアルのベルト選び

ベルトをいろいろ試しに使ってみた。

カジュアル(オフ)に使えるベルトを欲しくて、いろいろ試しに使ってみたのでメモ。

結論から書くと、自分には、キプリスの1万円前後のモノで十分だった。最初は高いブランド物や、コードバンなどの高い革を使った物に惹かれたけど、ひと通り使ってみたら、キプリスのベルトで十分だと気づいた。キプリスは最初は、中途半端な値段な気がして色眼鏡で見ていたので、いまいちだと認識していたが、よく見ると革の質がそこそこで、バックルの質感がマットで、バックルの形もさりげなく上品、つまり不可がなくバランスがいい、特にベルトを締めた状態のバックルと革の組み合わせの見た目がいい。同じような価格帯で定番のジャベツクリフのベルトも人気なので買ってみたけど、これはジーンズにはいいけど、チノパン等の生地にはダメージを与えてしまう。ジャベルクリフのベルトは1枚の厚い革なのでそれだけでも生地を痛めやすいけど、裏がザラザラでしばらく使っていると、ザラザラがひどくなって、ちょっと濡れたりすると、色落ちや、梅雨の時期には匂いが気になることがあった。ちなみに幅は3センチと4センチがあるけど使いやすいのは圧倒的に3センチの方。

コードバンのベルトについては、そもそもコードバンという革自体の希少価値が上がっているらしく、調べてみると、同じ商品がここ数年で倍近く値上がりしているものもあり、実用性重視の観点からは手を出す気がしなくなる。商品自体を見ても、1枚でできているコードバンのベルトは減って、レイヤードタイプの2枚や3枚を途中で縫い合わせた物がほとんど。たまたま某お店で、値上がり前の値段の1枚のコードバンを貼りあわせた物を見つけたので、その一本だけは手元に置いているけど、もう買うことはないと思う。ただ、長年コードバンの財布を使っていて、長く使っても艶が消えない魅力はあると思う。

色については、まず黒を揃えて、カジュアル用と予備を兼ねて、茶色を一本買えば十分だった。幅は、3センチだと、ジーンズにもチノパンに使える。4センチだとチノパン等にはちょっと主張しすぎるように感じた。扱いが簡単なのは、牛革を2枚張り合わせたもので、革の裏のザラザラが出ていないので、ズボンの方の生地が傷まず、ベルトループの通りもいい。

なので、もし今0から買い揃えるとしたら、キプリスで幅3センチの牛革の物を、黒と茶色の2本揃えると思う。

 

1