タグ別アーカイブ: キングタウンホテルホンチャオ上海(上海虹橋嘉廷酒店)

キングタウン ホテル ホンチャオ (上海虹橋嘉庭酒店)

地下鉄2号線「婁山関路」駅に直結しているキングタウン ホテル ホンチャオ(楽天)に宿泊したのでその時の感想を書いておきます。部屋はデラックス ルーム。予約はexpediaを利用しました。交通の便とか部屋の広さとか価格とか総合的に考えるとお気に入りのホテル。デポジットはクレジットカードで一泊500元。

キングタウン ホテル ホンチャオ
結構広い。これだけあれば長期滞在しても疲れない。ベットは大きいけど、クッションは柔らかくなくてそれなり・・。

上海虹橋嘉庭酒店
テレビは日本のものではNHKだけが映る、映像や音声は普通に見れるレベル。

DSC_0932
インターネットは無料で、有線も無線も使える。私は、ホテルの部屋で簡単に無線LAN環境を作れるLogitec 無線LANルータ mobileRouter LAN-W300N/RSBを持って行きました。これだとホテル側のLANケーブルをつなぐだけで全く設定作業なしにノーパソでネットが使えました。
B008628V1O
Logitec 無線LANルータ mobileRouter LAN-W300N/RSB(amazon)

DSC_0926
バスタブはなし。部屋によってはあるらしいんだけど、当たったことはない。バスタブが欲しい場合は、予約する時に注文しておくとよいのかも。

DSC_0925
トイレまわりは清潔感があって、問題なし。トイレは部屋によって個室があったり、洗面室と一緒になってる場合があった。

Kingtown Hotel Hongqiao
入り口のすぐ横には小型のキッチン。ミネラルウォーターは毎日2本無料でついてくる。電気コンロ?があるけど使ったことはない。あまり実用性はないキッチン。下の冷蔵庫にはジュースのみ入っている。インスタントコーヒーとかお茶、あとコーヒーカップとワイングラス等はどの部屋に泊まった時もついていた。

DSC_0921
入り口のドアの幅とか通路の幅とか結構広めなので開放感がある。

DSC_0922
1人で泊まってもガウンとかすべて二人分用意されている。中国の場合基本的に部屋単位で宿泊料が決まる。アイロン台とアイロンはついてる。

キングタウン ホテル ホンチャオ (上海虹橋嘉庭酒店)に泊まってみた感想。
このホテルは以前にも泊まったことがあって今回は2度目。総合的に考えると結構良いホテルだと思う、ただし値段はそれほど安くない。立地はいいけど場所が最初はわかりにくい。

ホテルへの行き方。
日本から行く場合、浦東国際空港からリニアモーターカーに乗った後、地下鉄2号線に乗り、婁山関路駅で降りる。改札を抜けて2番出口の方に向かう。ここからがわかりにくい。まず、2番出口の標識にしたがってずっと歩いて行くと外に出る直前に、右側にセブンイレブンがある、このセブン-イレブンは、入り口が小さくて駅の壁の内側にお店がめり込んでる構造なのでわかりにくい。で、右側にセブンイレブンがあり、左側に堅いビニールのすだれが垂れ下がった地下商店街への入り口がある、この入口もわかりにくい、最初見た時は入っていいのかわからなかった。ちなみにこの入口は夜遅くなると入れなくなる。(コンビニはこのセブニレブンと駅にファミリーマートがあって便利)

で、そのビニールのすだれの間から地下商店街の方に入っていく。100メートルかそれくらいの長さの商店街があるので、それを突き当たり付近まで行くと、最後の突き当り直前の右側に鉄製のドアが開けっぱなしになっていてそこにホテル名、嘉庭酒店が書いてあるので、中に入っていく。ここは地下駐車場の入り口にもなっていて、中はごちゃごちゃしているんだけど、入ってすぐ左側(3メートルぐらい?)にまた別に入り口があるのでそこに入っていくと上に階へ上がれるエレベータールームに到着。

キングタウン・ホテル・ホンチャオは地下から行っても、地上から行ってもわかりにくい。最初は地下から行って、チェックイン後にゆっくり周辺を見て地上からの行き方とか地理を把握するほうがいいように思う。

チェックインは早くて、3分で終わった。デポジットは必須。始めて中国に来た人だとフロントの対応の素っ気なさに唖然とするかもしれないけど、ちゃんと言って頼めば細かいこともやってくれる。

このホテルは外から見ると、婁山関路駅の上にあってひときわ大きくて古いビル。同じビルに2つのホテルが入っていてエレベーターがビルの両側にある。キングタウン・ホテル・ホンチャオと逆側のエレベーターで降りるともうひとつのホテルのロビーに出てしまうので最初は焦る・・。

下に降りる場合は、エレベーターによって地下に行けるものと行けないものがある。地下街は深夜は通れなくなっている。

連泊する場合は、荷物等はそのまま置いておける、昼間のうちに掃除してくれて、綺麗にしてくれて清潔感等は全然問題なかった。フロントに人に比べて、掃除とかの人の愛想がいい。

一度だけ試しに5階のレストランでブッフェを食べてみた。ここは時間内でも遅くなると人がいなくなっていたりするので、早めに行くほうがいいみたい。朝食なしプランでも、レストランの受付でサインすればブッフェを利用できる。価格は68元。食べ放題のバイキングは思ったよりは充実していたけど、68元ってかなり高いので外で食べれる場所を見つけた人は利用しないだろうなと思った。食べ方は、まずレストランの入口で店員さんに部屋番号を教えてから、中に入って、皿を取って好きな席に座って食べる。卵料理のところにコックさんがいるので、好きな調理法をしていするとその場で調理してくれる。食べ終わったらそのまま出て行ってOK。

ホテルの人に聞いてみたら、宿泊客の6割ぐらいが日本人かもみたいなことを言っていた。釣魚島の問題があって以前よりお客が減っているとのこと。従業員の人は基本的に無愛想だけど、いろいろ聞いてみるとちゃんと教えてくれる。チェックアウトは以前はかなり時間がかかったんだけど、今回はかなり早くて、3分くらいで終わった。チェックアウト後に、移動まで時間があったので荷物を預けることができるか聞いてみたら、何時に取りに来るか?、荷物にパソコンは入っているか?を聞かれて、タグみたいな物をつけてその控えにサインして、荷物を受け取る時はそれを渡せばOKだった。

以上、中国、上海の上海虹橋嘉庭酒店に泊まって時の感想レポートです。

キングタウン ホテル ホンチャオ (上海虹橋嘉庭酒店)
expediaで詳しく見る
楽天トラベルで詳しく見る

1

キングタウンホテル上海(上海虹橋嘉廷酒店)に宿泊

中国、上海の婁山関路にあるキングタウンホテルホンチャオ上海(上海虹橋嘉廷酒店)を利用。

キングタウン ホテル ホンチャオ (上海虹橋嘉庭酒店)
Kingtown Hotel Hongqiao
No.1111 Tianshan Road Shanghai, 200051 中国

キングタウンホテル上海は、カナダ資本のサービスアパートメントタイプのホテル。
地下鉄2号線の婁山関路駅に直結しているので、交通の便はかなりいい。この辺り(長寧/虹橋地区)は昔から日本人が多かったらしく、上海の中では生活環境がいい地区。道を歩いてる人の服装とか雰囲気もなんとなく違う。

上海浦東国際空港から行く場合は、リニアモーターカーで終点まで行き、地下鉄に乗り換えればすぐ着いてしまう。ただ、地下鉄を降りた後からのホテルの場所が非常にわかりにくい。外から行く場合は、表通りから自動車が通るための通路を通って建物の中をくぐり、内側の駐車場の方から受付に行く。地下街から行く場合は、楽天トラベルの『キングタウンホテル上海(上海虹橋嘉廷酒店)のクチコミ』に入り口の写真を貼って説明してくれている方がいるので、前もって見ておくと入り口を見つけやすい。


日本円で5000円ぐらいの部屋を予約していたけど、チェックインの時にアップグレードしてくれたので、どのタイプの部屋に泊まったかは不明。この部屋とホテルは慣れれば結構快適だなという印象を持った。サービスが良いホテルもいいけれど、こういうアパートメントタイプのホテルは自宅にいるような感覚を持てるのがメリット。


改造してホテルにしたらしく、部屋の作りがいろいろ変・・。壁にカーテンがある理由が謎。


ベッド。5つ星のような寝心地はもちろんないけど、普通に快適に眠ることができるレベル。


キッチン。


部屋から見れる夜景。すぐ横の通りには、食事するお店とかスタバとかコンビニとかがあるので、その変で困ることはない。地下鉄の駅は割と早い時間から閑散としている。地下街もあまり元気がない印象。

キングタウンホテル上海の受付には日本語のできる方がいる(常駐ではないらしい)ので、日本人の利用も多いみたい。チェックインは普通だけど、チェックアウトにかなり時間(15分くらい)かかったので、急ぐ場合は早めに準備したほうがいいかも。あと、部屋の中に、いかにもなマッサージのチラシが入っていたり、なぜかコンドームが置かれていたりする(有料)。

まとめると、キングタウンホテル上海は、親切丁寧なサービスがあるわけじゃないので、初めての観光旅行とかに使うのはオススメしないけど、ある程度慣れてる人や、出張で使うのにはおすすめできるホテル。

【宿泊プラン&予約】

1