タグ別アーカイブ: クレジットカード

三井住友ゴールドカードを作ってみた

ちょこちょこ海外に行ったりするようになったので、海外旅行保険の額が大きい三井住友VISAゴールドカードを作ってみた。クレジットカードは種類がたくさんありすぎて、どれがいいか選ぶのが面倒。海外でのサービスや保険がよく、有名なものだと、ダイナースやアメックスだけど、これは年会費が高くて、使いこなせるとは思えなかったので除外。

次に、国内でメジャーなJCBか、三井住友カードのゴールドを検討。保険はJCBのゴールドの方が充実している。ただ三井住友ゴールドカードの方は、年会費割引のサービスがあって、10,500円が4,200円になる。なので、三井住友のゴールドに決めた。申し込みはネットで公式サイト(三井住友VISAゴールドカード)から簡単にできた。しばらく使ってみたら、新しくわかることもあるだろうから、その時にはまた他のカードも検討する予定。ちなみに三井住友ゴールドカードはデュアル発行できるので、VISAとMASTERの両方を作り、片方は、外で使う用、もう片方はおサイフケータイのiDを登録してiD(コンビニとイオンで使う)とネット通販用にして家に置いている。

Mitsui Sumitomo Visa Card
三井住友ビサゴールドカード
外ではVISAの方を使ってる。ゴールドといってもあまりキラキラしてないのがいい。

Mitsui Sumitomo Master Card
三井住友マスターゴールドカード
写真じゃわかりにくいけれど、VISAゴールドとは微妙に色が違う気がする。こちらはネット通販とiD用にして家に置いている。iDはスマートフォンに登録して利用、コンビニとかスーパーでクレカを出さずに、携帯をかざすだけで買い物できるのでかなり重宝している。

三井住友ゴールドカードの海外旅行傷害保険の内容は、これを書いてる時点では
治療費用300万
賠償責任5000万
携帯品損害50万
救援者費用500万
死亡/後遺障害は自動付帯が1000万、利用付帯が5000万

【関連リンク】
三井住友VISAゴールドカード
JCB
楽天カード

1

銀聯プラチナカードとか

日本で作れる銀聯カードといえば、三井住友VISAカードの三井住友銀聯カードか、MUFG銀聯カード(参照:日本で作れる銀聯カードのまとめ)。
今度、三井住友銀聯カードの方に日本で始めて銀聯のプラチナカードが登場。

三井住友カード、日本初となる「銀聯」ブランドのプラチナカードを発行!

三井住友銀聯プラチナカードを作れるのは、「三井住友VISAプラチナカード」か「三井住友MasterCardプラチナカード」(年会費52,500円)の保有者。三井住友銀聯プラチナカードの年会費・カード発行手数料は無料。

三井住友銀聯プラチナカードの特典は何かというと、説明を読んだ感じでは、ホテルやレストランの割引など銀聯の独自サービスが受けられることらしい、このカードは申し込み自体が、プラチナ会員しか見ることのできない専用サイトVPASSで行うようになっているので、カードの詳しい説明もなくよくわからない。

中国の銀聯プラチナの公式サイト(中国银联 白金网站)を見ると、銀聯プラチナのサービスの詳しい説明がある。特典が受けられる店舗一覧は、白金商圈。いろいろサービスは載ってるけど、三井住友の銀聯プラチナで全部利用できるかは不明。

银联卡产品库
このページで発行されている銀聯カードの一覧が見れる。中国国内で発行されている銀聯プラチナカードの年会費は、2000元(約2.4万円)が多い。

白金卡/プラチナカード 2000元(24,000円)
金卡/ゴールドカード  100元 (1,200円)
普卡/一般カード  50元  (600円)

という年会費が多い印象。プラチナの年会費は物価の差を考えると結構高い。

1