タグ別アーカイブ: ブックオフ

ブックオフで本を売ってみてわかったこと。

ブックオフという古本の売買をしている全国チェーンのお店に行き、本を売ってきた。今までブックオフで本を買ったことはあるけど、売るのは始めて。
今回、自分で売ってみていくつかわかったことがあった。

実際に下取り査定をして売ったのは以下。
合計15冊で1,410円でした。

コミック6冊

  • 3月のライオン(羽海野チカ)1冊
  • ジョジョリオン(荒木 飛呂彦) 2冊
  • HUNTER×HUNTERハンターハンター(冨樫義博)3冊

コミックはすべて発売日が新しい物。最新刊か、一つ前前後くらいの物。

単行本合計9冊

  • 綿矢りさの単行本
  • 経済関係の単行本
  • 村上春樹の単行本(たざきつくる、の奴)

こちらは、相当古いものから、新しいものまでいろいろ。明らかに破れたり変色、中に折り目があるものはない。

まず、お店のレジに行き、買い取りをお願いしますと言うと、番号札をくれる。10分ほど待ったら店内アナウンスがあるので、カウンターに行くと、査定の明細を見せてくれた。その明細に表示されている金額でOKなら、名前と住所等を書いて、その場で免許書を見せて、査定額を現金で貰える。免許書は見せるだけでコピー等は取られない。

下取りして貰った明細が以下。

ブックオフで買い取りした時の明細

新しいコミックは1冊70円~150円くらいだった。古いコミックは持っていないのでわからない。
単行本は汚れのないものはすべて1冊100円。定価は1000円ちょいから2000円ちょいまでの本。相当古い単行本もあったけど、それも100円買い取りなのは驚いた。試しに、村上春樹の本とか、以前ブックオフで買った単行本をシールを剥がして入れておいたら、これも100円だった。
たしか値札は105円だったけど、これが100円で買い取りになったのはたまたまだろうか。

明細の一番下にある一冊10円と表示されているものは、理由が気になったので店員さんに質問してみたら、10円査定の単行本2冊は、表紙に日焼けがあるため、とのことで、具体的に日焼けの箇所を見せてくれて、帯と表紙の境目に日焼けで変色がある部分を教えてくれた。

ブックオフは買い取りが安いとか言う話を何度か耳にしたことはあるけど、ほとんど全部1冊100円以上で買い取ってくれたので、これなら他の本も今度持って行こうと思った。基本は本の状態で価格が決まるようなので、私の家は全部日が当たらないガラス戸付きの本棚に収納していて、本に折り目も、汚れもなく、状態が良かったのが効いたみたい。日焼けがあると査定が100円→10円に落ちるからこれは大きい。

アマゾンやヤフオクで、個人相手に、自分で手間をかけて一冊づつ売ればもっと高く売れるけど、その手間と時間を考えると、ブックオフに売ったほうが得だと思った。このへんは個人個人の事情によるんだろうけど。

ちなみに、ブックオフは大量の本を売る場合は、出張買い取りもあるんだけど、今はネットでできるオンライン買い取りもしている。
本を売るならブックオフオンライン

これはダンボールに入れて発送すると、送料無料、手数料も無料で、査定して、明細を見て、買取金額を銀行口座に振り込んでくれる、というサービス。出張買取があるなら、別にネットサービスは手間がかかるだけなんじゃ?と思ったけど、近くにブックオフの店舗がない人や、プライバシーを気にする人、あとは、人に見せるのが恥ずかしいような本やDVDを売りたい場合には、便利かも。査定料金も実店舗とは違うとのことなので、今度試しに一度自分で使ってみようと思う。

追記

その後、2回ブックオフに本を売りに行ったところ、美品の場合、新書の買い取りは50円、文庫の買い取りも50円と分かった。

まとめると、

単行本 100円
文庫本 50円
新書 50円
コミック 新作 150円

コミックの新作以外の美品は70円~100円くらい

日焼け等で汚れがある場合は、すべて10円

私がブックオフに売った価格はこうなる。ブックオフの買取カウンターで待ってる間、他の買い取り査定の本を見ると、ほとんどが痛みがある本だったから、あれだと1冊10円になるので買取額も安いだろうなぁと思い見ていた。

1