タグ別アーカイブ: ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー

ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー(白ラベル)le jaja de jau sauvignon blanc

前回の記事:ル・ジャジャ・ド・ジョーの青ラベル(赤ワイン)に続いて、ル・ジャジャ・ド・ジョーの白ラベル(白ワイン)を飲んでみた。これも1200円前後。

飲んだのは2009年ル・ジャジャ・ド・ジョー 白ラベル ソーヴィニョン・ブラン
ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー(白ラベル)Le Jaja de Jau
ルジャジャドジョーのワインはラベルがお洒落なので、一目でこのワインだとわかる。
ラベルに書いてある文字はフランス語で
le jaja de jau sauvignon blanc
ル・ジャジャ・ド・ジョー ソーヴィニョン・ブラン
ルジャジャが名前、ド・ジョーがシャトーの名前、ソーヴィニョン・ブランが使ってあるブドウの品種。

ソーヴィニョン・ブランというのは白ワイン用のフランス原産のブドウ。sauvage(ソヴァージュ、野生の)とblanc(白い)から来ている。
この白ぶどうのソーヴィニョン・ブランと黒ブドウのカベルネ・フランを交配させて作られたのが、赤ワインの最大の原材料となっているカベルネ・ソーヴィニョンという品種。(←さっきウィキで調べたにわか知識)

ル・ジャ ジャ ド ジョー
アルコール分11.5%。前に飲んだ青ラベルの赤ワインは13%だったけど、これってブドウの種類により変わるんだろうか。
裏ラベルには、jajaは古いフランスのワインに関するスラングだとか、この白ラベルは魚やシーフードに合うみたいなことが書いてある。

樹脂プラスチックコルク
コルクが天然のコルクではなくて、何か人工的な物だったので調べたら、どうも樹脂コルク(プラスチック)みたい。これは価格を抑えて、品質を安定させるためなんだろうか。

ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー白ラベルを飲んでみた感想。
青ラベル(赤ワイン)に比べると圧倒的に飲みやすい。クリアな味。白ワインは冷やして飲むと美味しいという理由がわかった。白ワインというのは、赤ワインと作り方が違ってブドウの皮とか種を早めにとり出すので、あの苦いタンニンが少なくて飲みやすいということみたい。青ラベルがカベルネ・ソーヴィニヨン100%で、この白ラベルがソーヴィニヨン・ブラン100%なので、この2つのブドウの品種がどういうものかはわかった。

あと、ワインのことをいろいろ知りたくて、本屋で「ワイン完全ガイド」という本を買ってきた。前は、ワインの本なんて見ても吸収する下地がなかったから、全く頭に入らなかったのに、今は興味があるからスラスラ頭に入ってくる。

【関連リンク】
楽天市場:ル・ジャジャ・ド・ジョー白ラベル

1

ル・ジャジャ・ド・ジョー青ラベル(Le Jaja de Jau)

前回に続き、1000円代で買えるワイン。
今度は、同じくフランスの「ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー(Le Jaja de Jau)」。
気軽に飲めるワインとして作られたもので、ルジャジャはワイン関連のスラングで、ド・ジョーがシャトーの名前。
価格は1200円前後。ラベルの色が4種類くらいあって、青ラベルは赤ワイン。緑ラベルは白ワイン。

飲んだのは2009年のル ジャ ジャ ド ジョー
ル・ジャ・ジャ・ド・ジョー

 

ル・ジャジャ・ド・ジョー

一口目飲んで苦っ!というのが第一感想。
この前飲んだムートン・カデ ルージュに比べると、かなり苦さが強くて、重たい感じ。香りも強い。この重さみたいなものを、フルボディとかミディアムボディとかで表すっぽい。
葡萄の皮が厚くタンニンが強いカベルネ・ソーヴィニヨン100%なので、カベルネ・ソーヴィニヨン20%だったムートン・カデとの違いがわかりやすかったのかも。これは肉汁たっぷりの肉料理と一緒に飲むといいなあという感想。このワインがどうこうではないんだけど、まだワイン自体が美味しいと感じられず。

【関連リンク】
楽天市場で買えるル・ジャ・ジャ・ド・ジョー

1