タグ別アーカイブ: 中国アマゾン

中国の通販サイトとかクーポンとかのメモ

昔は中国で通販、というと淘宝網(タオバオ)一択だったらしいけど、今は競争相手がたくさんある。タオバオはCtoC(個人対個人、今は天猫というBtoCもある)だけど、以下はすべてBtoC(企業対個人)のサイト。

京東商城(京东)
タオバオに続く2番手。急成長して2013年の売上は693億元、日本円で1兆円を超えている。それでも最終利益は赤字。自社で物流網を持ち、配達員も自社の社員。なので配達が早く、配達員のサービスも他よりいい。返品等のアフターサービスもいい。日本だと想像しにくいけど、中国には無数の配達業者があって、通販(中国のアマゾンでも)で商品を買っても部屋まで届けてくれず、電話がかかってきて、家の近くの○○まで取りにくてください、と言われることがある。商品は家電がメインで価格も安い。

蘇寧電器(苏宁电器)
実店舗をもつ中国最大の家電量販店。南京で創業。日本のラオックスを買収したのもここ。京東商城に遅れてネットに進出。蘇寧易購(苏宁易购)というネットストアを開設。売上は2012年が183億元、2013年が230億元、約4000億円くらい。実店舗を2013年は100店舗ほど閉店している。

1号店
网上超市(ネットのスーパーマーケット)と公式サイトに書いてあることからわかるように、食料品がメイン。買い物の合計金額が100元(1700円くらい)以上だと送料が無料になる(場所によっては無料にならない地区もある、僻地とか)。なので会社で女性が何人かで、まとめてお菓子を注文して、会社に届けてもらってわける、なんて使い方がされている。2013年の売上は68亿元、約1100億円。

中国アマゾン(亚马逊)
中国ではシェアが低いアマゾン。若くて、こっち方面の情報に敏感な人は使っている感じ。売っている物は偽物がないけど、価格は高い、本については、アマゾンに無かったら他の場所にもない、というイメージらしい。キンドル端末は日本の方が安いから、一時期日本で買って中国で転売するという商売が流行っていた。中国単独でのアマゾンの売上は公表されていないはずだけど、調べてみると105億元(約1800億円)という試算が見つかる。

淘宝網(タオバオ)の天猫モール(TMALL)
シェア最大。タオバオ(淘宝網(タオバオ))が始めたサイトで、企業が出店。天猫とタオバオの違いは、タオバオは個人が簡単に無料で出店できるけど、天猫モールは企業しか出店できず高い手数料がかかる。日本のヤフオクがタオバオで、楽天が天猫モールに近いと思う。タオバオは偽物も多く、中国人でもよく偽物を掴まされた、という話を聞く。一方、天猫モールの方は企業がやっていてハードルも高いので、信頼性がより高い。今中国ではタオバオの個人対個人の取引から、企業対個人の取引へと移行している。

会社員でも副業でタオバオに出店している、という人がたくさんいるけど、無料なのにタオバオがどうやって儲かるかというと、タオバオでは誰でも出店できるのでその分競争が激しくて、ライバルから抜き出るために、売りたい商品を目立たせることができるオプション等が有料で販売されている。

2013年の中国の通販サイトの決算を見ると、前年比50%増とか60%増という数字が並んでいて、日本の感覚からすると凄い、となるんだけど、4,5年前は前年比100%増とか150%増という世界だったのが、それ以降毎年伸び率は下がり続けているので一番旨味のある時期というのはもう終わってしまったんだろうと思う。

最近話を聞いて面白かったのは、团购(tuan2gou4、グルーポンみたいなもので、中国で普及している共同購入すると安くなる券みたいなもの)を転売している人の話。中国ではレジで携帯を出して、クーポンを見せているのをよく見かける。企業間の競争が激しくて、こういう割引券をどんどん出しているから、これをいろんなルートで安く仕入れてタオバオで売って差額を得るという、この辺のスピードが大事な商売は中国人は得意だなと思う。

1

中国アマゾンで人民元建てのギフトカードを購入。

中国のアマゾン(http://www.amazon.cn/)でアマゾンギフトカードを試しに購入してみた。中国のアマゾンで買えるアマゾンギフトカードは、中国のアマゾンでしか使えない。購入するときは元建てでの購入。でも日本のクレジットカードで普通に買えた。このギフトカードは、中国に住んでいる人に何かお礼のプレゼントを送りたいときなど便利かもしれない。日本から中国に商品を送ったりすると送料がかかるし、お金を送っても送金手数料がかかる、何より面倒。中国アマゾンのギフトカードなら手数料なしで、相手の好きな物を選んでもらえる。

買い方は以下。まず、中国アマゾンのamazonギフトカードのカテゴリから、Eメールタイプギフトカードを選択。あとは好きなデザインを選ぶと以下のような画面が出てくる。

 

ama1

便利なのは、Eメールタイプのギフトカード(亚马逊电子礼品卡)なので、これを購入。ギフトカードを送りたい相手のメールアドレスだけわかれば送ることができる。ギフトカードは相手のメールアドレスに届く。中国では日本ほどアマゾンが有名ではなく、タオバオの方が有名なので、相手がアマゾンのアカウントを持ってない場合もありえる。その場合はアカウントを作ってもらわないといけない。

 

ama3

購入画面。右上に金額を入力する場所があるので、人民元での金額を入れる。金額は自分で自由に決めることができる。10~1000元までなので170円くらいから17,000円くらいまで。あまり高額なギフトカードは購入できない。その下に相手の電子メールのアドレスを入れる。

あとは相手の名前と、送りたいメッセージ情報を入れて購入すると完了。購入が終わると、相手に届くまで5分か10分かかるという表示が出る。試しに購入して、送った相手に確認すると10分くらいで届いていた。相手が受け取ったかどうかはアマゾンの画面から確認できるようになっている。

購入は日本のクレジットカードを利用した。明細を見ると、購入の2日後のレートを使って人民元から日本円に換算されていた。利用先は「PES*AMAZON.CN / AMAZON CH BEIJING 」

今回初めてアマゾンギフトカードを利用してみたけど、これはよくできていて便利だと思った。

中国amazon公式サイト

中国巨大ECサイト タオバオの正体
中国《タオバオ》ネット輸入・販売(楽天ブックス)

1

中国アマゾンのキンドル本を日本で簡単に利用する方法のメモ。

今は、中国のアマゾンでもキンドル版の電子書籍がたくさん売られている。だけどこれらのキンドル版の本は、日本のアマゾンからは直接買うことができない。

亚马逊amazon.cn(中国アマゾン公式サイト)

スマホ上のキンドルアプリや、キンドル端末であるKindle Paperwhiteでも、日本のアマゾンアカウントを使い登録していると中国のアマゾンで売られているキンドル本は買うことができない。

だけど少し調べて自己責任でやってみたら、簡単に日本からも中国amazonのkindle本を購入することができた。この方法で何が問題が起きても自分以外の責任は取れないのであくまで自己責任でやってみた。

以下メモ。

やり方は、キンドルアプリか、キンドル端末に中国アマゾンで作ったアカウントを登録すること。そして、この時に中国の住所を設定すること。

基本はこれだけ。他に幾つか気をつける点があるので、以下少しづつメモ。

キンドル本を買うときに使う住所は中国国内に設定しないと買い物の段階でエラーになる。具体的には以下の様な説明がある。

中国kindleの買い方で注意する点

簡単な訳:amazon.cnでキンドルの電子書籍を買えるのは、住所が中国大陸、香港、マカオ、台湾、アメリカ、カナダ、タイにある場合。他の国の住所では買えない。amazon.cn以外のアマゾンで買い物する場合には、他のアカウントが必要。

住所登録は日本のアマゾンと同じく、複数設定できるので、日本の住所と中国の住所を同時に登録しておいて、中国国内の住所をキンドルで「ワンクリック買い物」をする時に利用する物、として設定した。中国の住所といっても、キンドル本を買う場合は、本がその住所に届くわけではないので、適当な住所を設定して対応した。これで日本のアマゾンでキンドル本を買うのと同じように、中国アマゾンでもキンドル本を購入して読むことができた。キンドル本の買い方は日本と全く同じ。

クレジットカードは普通に日本の物で決済できた。もしクレジットカードを持っていない場合は、楽天カードあたりが無難で、1枚持っておくと便利、他に銀行系の三井住友VISAクラシックカードは銀行系のカードで評判がいい。

以前、中国のアマゾンから数回本を買って個人輸入したことがあるけど、本の価格自体は安いんだけど、送料が1冊1000円とか必要だった(この時の記事はこちら)。中国書籍を扱っている輸入本屋でも、価格はかなり割高だから日本では気軽に中国の本を買うのは難しい。ちなみに輸入書籍は、亜東書店-楽天市場店がネット通販では一番充実している。すべてが電子化されているわけではないので、紙の本しかない場合は、こういうお店を選択するのもありだと思う。他に学習書等は紙じゃないと書き込みができず不便なので、こういう需要から紙の本は残っていくと思う。

キンドル本だと、送料はもちろんいらないし、中国の本は紙の本でも割引が大きい上に、さらに電子書籍は元値も安く、さらに割引されているので、日本から中国アマゾンのキンドル本がそのまま買えると、今までは一体なんだったんだ?と思うくらい安く感じる。一冊1,500円とか必要だったのが今では数十円で買えてしまう・・・。ここまで安くなると、中国から輸入して販売しているようなお店は壊滅的なダメージになる気がする。想像しただけで恐ろしい。代わりに、中国語を勉強している人とか一部の人に取ってはとても便利になったと思う。

中国の電子書籍の値段の相場は以下を見ればざっとわかる。
中国アマゾンkindleストア

*

キンドルアプリやKindle Paperwhiteは、1つのアプリや端末にそれぞれ、1つのアカウントしか登録できないので、日本と中国のアマゾンで購入したキンドル本を同時に利用することができない。この点は不便。私は、Kindle Paperwhite(ペーパーホワイト) は買ったものの、その後グーグルのネクサス7を購入し、ネクサス7でキンドルを利用していたので、ペーパーホワイトは使っていなかった。なので、このキンドル端末を中国アマゾンのキンドル専用にすることにした。

以下が私が実際に行った方法

Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)のアカウントを設定し直す

設定(端末のリセット)

初期設定に戻る

言語設定(簡体中文にしたけど、ここは日本語でも問題ないはず。)

WIFI設定

中国アマゾンで作ったアカウントを入れる。

ここは画面に従っていけば迷うところはなかった。

設定が終わると、以下のように、日本のアマゾンと同じようにキンドル端末上からもワンクリックで本を買えた。

DSC_0195

キンドルの端末は1万円くらい。これは日本で購入する方が安い。頻繁に利用する人なら、中国語専用に一台用意しても悪く無い。 【日本amazon】Kindle Paperwhite

スマートフォンや、タブレット上のアプリを使う場合も基本は上のやり方と同じで、アカウントを中国アマゾンに変えるだけだと思う(私は実際には試してないので正確なことはわからない)。

中国アマゾンのアカウント設定

中国アマゾンでキンドル本を買う場合は、中国アマゾンのアカウントを持っていないといけない。

中国アマゾンでのアカウントの作り方は、以前航空便で中国アマゾンから本を買った時のメモがある。

中国アマゾンのアカウント開設方法

アカウントを作れば、普通に日本から買い物はできるんだけど、上にも書いたように、キンドル本を買う場合は、さらに注意が必要でそのまま日本の住所を使うとエラーが出て買い物を完了することができない。日本のアマゾンと同じく複数の発送先を登録できるので、1つ中国国内の物を設定しておいてこれを利用したらOKだった。

他は日本のキンドルを利用する時と特に変わりはない。あと、キンドル上で使う、辞書については、自動でダウンロードされなかったので、自分でダウンロードしてUSBでパソコンにつないで辞書フォルダに放り込んだらすぐ何も設定なしで使えるようになった。

1

中国amazonのクレジットカード決済為替レート

2012/03/21に中国のアマゾンでクレジットカードで買い物した分(参照記事:中国のamazonでの買い物方法)が4月11日にクレジットカードの明細に出てきてた。支払いに使ったのはJCBのクレジットカード。約20日かかってる。

2012/03/21 AMAZON.CN / AMAZON CHINA BEIJING 1,834円1回
(現地通貨額)140.300CNY (換算レート)13.07200円/CNY (換算日)4/11

2012/03/21 AMAZON.CN / AMAZON CHINA BEIJING 1,793円1回
(現地通貨額)137.200CNY (換算レート)13.07200円/CNY (換算日)4/11

JCBの換算日は4月11日で、為替レートは13.07200円/人民元となっている。
4月11日に、中国人民銀行が発表した人民元中心レートは以下

04/11/12 中心レート 元/100円 7.69290

1元=12.99899907707107日本円。
人民元の変動幅は対円では、1日最大上下3%、対ドルでは上下0.5%に制限されている。

この中心レートで計算すると、為替手数料は
0.5615888%
約0.56%

実際はどの時間のどのレートで計算されているのかわからないので参考程度に。

⇒中国amazon公式サイト

1

中国amazonアマゾンでの注文方法


中国アマゾンから送られてきた本。z.cnというのは、新しい中国アマゾンの短いドメイン名。これは覚えやすい。

今回、中国のAmazonで買い物したので、せっかくなのでアカウントの登録方法、注文方法、到着までの日数とか通販事情のメモを残しておきます。

追記:中国のアマゾンで売られている中国語のキンドル(kindle)電子書籍を日本から買ってみました。電子辞書だと紙の本より安い上に、送料もいらず、買って数秒で端末に届くので、圧倒的に便利になりました。今は、私も電子辞書籍に移行しました。今まで送料入れて数千円かかったのが、一冊100円以下で手に入ったりするんですから、関連商売をしていた人に取ってはたまらないでしょうね。品揃えについては、人気書籍はだいたい電子版も出ている感じです。
中国アマゾンのキンドル本を日本で簡単に利用する方法のメモ。

中国のアマゾンについて

亚马逊amazon.cn(中国アマゾン公式サイト)

中国のアマゾンは、元々中国にあった卓越網という通販サイトをアマゾンが買収してできたサイト。その名残で卓越亚马逊(亚马逊はamazonの音訳)と言われてたけど、2011年10月27日に亚马逊中国へ名前が変わり、完全にアマゾンブランドとなり、z.cnというアドレスも使えるようになってる。

使い方も他の国のアマゾンと同じ。

ただ、送料が奇妙で、遅い配送方法を選んでもかなり高かったり、たくさん頼むと速達の方が安くなったりする。UPS(United Parcel Serviceという米国の運送会社、中国で速達サービスを展開している)が使えるので、早ければ日本へ2~3日で届く。支払いはAmerican Express/Visa/Master/JCBが使える。

買える商品は限られていて、
amazon.cn海外から買い物する場合の注意点

海外客户仅限订购图书、音乐、影视、软件、教育音像、游戏娱乐类商品。
本、音楽、映画、ソフトウェア、娯楽関連用品しか買えない、となっている。

とにかく送料が高いので、中国内の誰かに頼む場合とかは別として、アマゾンで買う前に、楽天内の亜東書店-楽天市場店などの中国からの輸入品を扱っているお店(こちらも結構高いが・・・)や、中国から個人輸入して売っている人がいるYahoo!オークションは一応チェックしておくといいかも。特にヤフオクは比較的安く出品されている場合が多い、ただし偽物に注意が必要。

送料&日数

中国アマゾン内の海外配送の説明

標準の配送方法(DHL)

この方法を選ぶと日本へだと15日かかる。ネットで実際に頼んだ人の感想を見ると実際はもっと早く届くことが多いみたい。
DHLは2キロ以下だと荷物の追跡ができないと書いてある。送料は、本は1冊につき110元、ソフトなどは1個につき35元。一回の注文につきではなく1冊ごとに110元、日本円で1000円以上かかるので送料が馬鹿にならない。といっても日本国内で買うとそれ以上に高い場合が多い・・。

UPSの航空便速達

中国で速達サービスをやっているUPSの航空便速達だと、日本へ2~3日で届く。
送料は、一回の配送につき100元がかかり、それとは別に、本1冊ごとに70元がかかる。中国語の説明がよくわからないんだけど、私が注文した場合は、本を2冊頼んだら、ダンボールではなく、1冊づつ別の袋に入って、2個送られてきたけど、送料はちゃんと100元+70元×2=240元となっていた。注文時に、「まとめて発送」を選択しておけば問題ないみたい。標準の発送方法の送料が高いので、3冊以上頼むなら、逆に航空便速達の方が安くなるという変なことになってる。

*今は中国アマゾンでも、キンドル電子書籍があるので、これを使うと送料の問題がないので、とても安く中国語の本が買えるようになった。

中国で人気の当当网(当当網)の場合

中国ではアマゾンは日本ほど人気ではなく、本を買う場合は、当当网が人気。こちらも日本に発送してくれるけど、UPSが使えず普通の配送方法のみで、4週間~8週間もかかる。送料は海外発送の場合、「商品原价总金额的50%,最低50元」(商品の元の価格の合計の50%か、最低50元)。なので送料だけ考えるなら当当网がいいけど、届くのがあまりに遅すぎる。

中国アマゾンの買い物方法のメモ

今回は、中国アマゾンで本を買って一番早いUPSの航空便の速達を使いました。以下詳細。

まずは、亚马逊amazon.cnのサイトに行く。

中国のアマゾンでの注文方法
アカウントの登録画面(您好. 请登录以获取为您订制的推荐. 新客户? 点这里注册.からも行ける)にて、メールアドレスを入れて、我是一个新客户の方を選択して、登録ボタンを押す。

亚马逊の使い方
ここで入力する名前は、発送の時に使われるものとは別で、アマゾンのサイトの表示されるものなので適当でいい。あとはメールアドレスの確認と、パスワードの入力&確認。すべて入力して完成ボタンを押すと以下の画面が出てくる。

amazon.cnでの買い物方法
この画面は、あなたにオススメの商品を表示するために、好きな分野を選んで教えてくださいという物。無視してOK。

ここまで入力したら、とりあえず登録はOKで、実際に買い物に移り、欲しい商品をカートに入れる。

卓越亚马逊の使い方
欲しい商品をカートに入れて、先に進むと、初めて買い物する場合は上の画面が出てくる。海外発送なので、「海外地址」の部分をクリックすると以下の画面に移る。

中国アマゾンでのお買い物方法
住所等は、だいたい上の画像の赤字のような感じで入力する。細かい住所の部分は日本人が配達するので、あんまり神経質にならないでいいみたい。

卓越亚马逊の注文方法
次に配送方法の選択画面。上が標準のサービス。下がUPSの航空便速達。

中国アマゾンでのクレジットカードの登録方法
次に支払い方法の選択。

今は、タオバオで使われてるアリペイ(支付宝)も使えるようになってる。タオバオについては中国巨大ECサイト タオバオの正体 (ワニブックスPLUS新書)がさらっと読めてタオバオがだいたいどんなものか理解できる。

日本からだとほとんど国際クレジットカードを使って支払いすると思うので、上の画像の赤丸で囲んだ部分から登録(もしカードがない場合は、楽天カードあたりが無難で、1枚持っておくと便利、余裕があるなら、銀行系の三井住友VISAクラシックカードが評判がいい)。

クリックすると、クレジットカードの情報を登録する画面が出てくる。登録が終われば、あとは、最後の注文決定をするだけ。最後の注文確定の画像を取り忘れたけど、画面の右端に出てくる黄色いボタンで最終決定でした。これで注文がすべて終わりです。

中国のamazonのアカウント
もし住所などの登録情報を変更したい場合は、画面の右上に画像のような物があるので、「我的帐户」(私のアカウント)を選択。

中国アマゾンの住所、クレジットカード登録方法
上の画面が出てくるので、すでにある情報を削除したり管理したいときは、「管理~」を選択。新しく情報を追加したい場合は、「添加~」をクリックでOK。私は注文が終わった後は、クレジットカード情報は削除しておきました。

私が実際に中国のアマゾンで注文した時は、本2冊を注文して

商品小计:¥ 37.50
配送费: ¥ 240.00
—–
小计: ¥ 277.50

本の代金が37.5元
送料が240元
合計277.5元
でした。送料ほんと高いですね・・・。

クレジットカードの決済に使われていた為替レートについては、追記:中国amazonのクレジットカード決済為替レートの明細参照。

注文してからは、届くまでは1週間もかからなかったです。UPSだと細かい輸送状況が見れて、注文した日に北京から発送されて次の日には香港、次の日には日本へと着ていました。

以上、中国のamazonでの注文方法のまとめ。

中国amazon公式サイト

1