タグ別アーカイブ: 水泳用タオル

水泳用のタオル

最近健康と気分転換のため時々プールで泳ぐようになったので、いくつか水泳に必要な道具を買い揃えた。
スポーツ用品なんていままでまったく興味がなかったので、何見ても素材の進化に驚いてしまう。

水泳用のタオルは以下の2つを購入。綿のタオルはかさばるし、一度水分を含むと乾くまで時間がかかるので、新素材を使ったスイムタオル(セームタオル)というものがよく売れている。スイムタオルの特徴は、水分を含んでも一度絞って水分を落とせばすぐに吸水性が復活する点。今回は、アマゾンでスイムタオルで一番売れていたミズノの商品を購入。

MIZUNO スイムタオル 85ZT750 34×44cm
ミズノ(MIZUNO) スイムタオル ブルー 85ZT75127
【amazon】 【楽天】

サイズは34×44cm。このサイズが一番売れ筋。もう一つ大きなサイズがあるんだけど、実際使ってみたらこのサイズで十分だとわかった。

MIZUNO スイムタオル 85ZT750 34×44cm

MIZUNO スイムタオル 85ZT750 34×44cm

MIZUNOスイムタオルを使ってみた感想ですが、肌触りは独特なものがあって、柔らかい少し厚みのあるゴムのような感触で、いかにも合成素材という感じです。お世辞にも肌触りがいいとは言えない。こんな素材で水なんて吸うの?という感触で逆に吸水性が悪そうな感想を持った。ただ実際に使ってみると吸水性と速乾性は抜群で、プールにⅠ枚だけタオルを持って行くとしたら間違いなくこれを選ぶくらいに便利。軽く絞ると水がざぶざぶ落ちるし、濡れた体を拭くとグングン水を吸ってくれる。サイズは34×44cmとハンカチくらいのコンパクトサイズなんだけど、吸水性がいいので、このサイズで十分。絞ればすぐ吸水性が復活するので、大きなサイズを使うメリットはあまりない。欠点をあげるとすれば、乾いた後にパリパリに固まるので、干す時に収納時のことを考えてから、干したほうがいいのと、パリパリに乾いた状態で曲げると割れそうなのが気になる。使う前には一度水で濡らして柔らかくしてやると使いやすい。このスイムタオル1枚でも十分なんだけど、最後の仕上げに体を拭く用&着替えの時用にもう1枚、以下のスワンズのバスタオルサイズの水泳用タオルを購入。

SWANS(スワンズ) ドライタオル ) バスタオルサイズ
SWANS(スワンズ) ドライタオル バスタオルサイズ 80×150cm 
【amazon】 【楽天】

SWANS(スワンズ) ドライタオル ) バスタオルサイズ

SWANS(スワンズ) ドライタオル ) バスタオルサイズ

こちらは、ミズノのスイムタオルとは素材がだいぶ違って、ゴムっぽさはあるけど普通の綿のタオルの感触に近い、ミズノのスイムタオルと綿のタオルの中間くらいの感触。ただし綿よりこちらのほうが極薄で、バスタオルサイズなのに、畳むと、普通の綿のタオルと同じくらいのサイズになる。乾いた後も柔らかいまま。ミズノのものより、肌触りがいいので、最後の仕上げに拭くのと、着替えの時に使う兼用にしている。タオルはこのふたつがあれば十分。どちらもコンパクトなので、プールに行くときの荷物が嵩張らず軽くていいです。

追記
市民プール検索
公共プールの使い方

1