タグ別アーカイブ: 衣類圧縮袋

今までで一番便利だと感じた旅行用品、衣類圧縮袋

下着や、着替えの体積を大幅に減らせる衣類圧縮袋について。

旅行の時に持って行くと便利な物で、自分の中で圧倒的1位なのがこの旅行用衣類圧縮袋。

私は旅行の時には可能な限り荷物を少なくする。だから、片手で軽く持てるような小さいバックパックか、小さいボストンバックのどちらか1個しか持っていかない。これだと、飛行機に乗る時は、荷物を預けなくて済むので移動が楽だし、身軽なのでいろんな面で楽。

タオルはもちろん持っていかないが、それでも下着の着替え(シャツ、パンツ、靴下)2日分と、襟付きのボタンで留めるシャツ1、2枚くらいは最低限の身だしなみとして持っていかざるをえない。持っていくバッグ自体が小さいので、それらの下着とシャツだけでも結構なスペースを占めてしまう。重量的には問題ないが、衣類はふっくらするのでバッグの中で場所を取る。結果、バッグがパンパンに膨らんでしまう。バッグがパンパンだとカッコ悪い。

以前は、着替えだからしょうが無いな、と諦めていたんですが、たまたま見つけたトラベル用圧縮袋を使ってみたら、下着の占めるスペースが物凄く小さくなり感動した。袋の圧縮方法は簡単。機械も手動のポンプも要らず、ただ手で袋を潰して空気を抜く、というこれ以上ないシンプルさ。旅行の途中で暑くなって、着る必要がなくなった上着のパーカー等を圧縮してカバンに収納しておく、なんて時にも威力を発揮する。なので常に2枚くらい予備をバッグに忍ばせている。

vacuum bag for clothes 衣類圧縮袋
これが私が買ったamazon限定衣類圧縮袋 10枚組 日本製。衣類を入れて、チェックをしめて体重をかけながら手で押して空気を抜く。袋の数カ所に空気を抜く場所があり、そこは一方にしか空気が流れない仕組みになっている。なので、手で袋を潰すと、そこから空気が抜けて、圧縮される、という仕組み。元に戻す時はポテトチップスの袋を開けるみたいに、パカッと袋を開けるだけ。袋は何度でも再利用できる。圧縮状態を保てる時間は測ったことはないが、24時間くらいでは特に問題ない。ただ無理に大きい物を入れたりすると空気が抜けるのが早い。

vacuum storage bag 衣類圧縮袋で圧縮した状態のシャツ
シャツを入れて空気を抜くとこういう状態になる。

vacuum storage bag for travel 圧縮前のシャツ
普通の襟付きのシャツを圧縮してみる。こちらは圧縮前。

vacuum storage bag for clothes (2)圧縮後のシャツ
こちらは圧縮後。わかりやすいように物差しを置いてみたが、比較しにくい写真しか取れなかった。体積が相当減っている感じはわかる。

旅行用衣類圧縮袋に入れる前のセーター
気温が微妙な場所に行くときは1枚セーターを持っていくが、これもこのままだと凄くバックが膨らむ。

vacuum storage bag for sweater旅行用衣類圧縮袋に入れて圧縮した後のセーター
セーターの圧縮後。

旅行用衣類圧縮袋でどのくらい圧縮できるかの比較、圧縮前
セーターの圧縮前。

旅行用衣類圧縮袋でどのくらい圧縮できるかの比較、圧縮後、かなり薄くなっている(昭光プラスティック製品)
圧縮後。シャツに比べると、体積の減り方が激しい。

圧縮袋を使うと、洋服のシワやダメージが気になる人もいるようです。しかし、私の場合は、全くそういうのを気にしません。そもそも一番シワが気になりやすいシャツは洗いざらしのシワがあってもそのまま着れるものしか旅行には持っていきません。なので問題ないです。昔は、こういう旅行用の衣類圧縮袋は大きなアタッシュケースや、超巨大バックパックを持って旅行するような人が使いそう、というイメージがありました。しかし、実際はもともと荷物が少ない人が、さらに荷物をコンパクトにするニーズに向いてるような気がしています。バックが小さいと、バック全体に占めるこの圧縮袋による影響の割合が大きくなりやすいですから。

この圧縮袋のお陰で、前よりバッグが小さくなりました。海外旅行の時、飛行機から下りて、わざわざホテルに行き荷物を置く、というような面倒なことをせず、空港から直行で好きな場所に行けることが増えました。ホテルのチェックアウト後に追い出されて、重い荷物を持ってウロウロするなんてことも減りました。

【amazon】衣類圧縮袋
【楽天】衣類圧縮袋

1