タグ別アーカイブ: 貝印シェフトロンケトルDY-5056

貝印シェフトロンケトル(ヤカン)DY-5056を購入

ヤカンの底がデコボコになってしまい、IHの電気効率が悪い気がして、新しいヤカンを購入。ヤカンは、たぶん10年に一度くらいしか買わないので、スーパーに並んでいる900円くらいのではなくて、少し奮発して貝印 シェフトロン ケトル 2.5L DY-5056を買ってみた、3000円くらい。

ちなみに、ヤカンはよくカタカナで書くけど、漢字で薬缶(やかん)と書いて、英語だとkettle(ケトル)になる。←さっき始めて知った。

amazonのやかん・ケトルベストセラーと、楽天のリアルタイムやかん売上ランキングを見て、普段のお湯沸かしに使える商品を探したらだいたい以下に絞れた。

柳 宗理ってのは、デザイナーの名前で、こういう日本的なデザインが特徴。ランキングではこれが一番人気。最初これ買おうと思ったけど、妙に日本的すぎるデザインと、沸騰したらピーって鳴る笛がついてないので、やめた。あまりに人気すぎるものは苦手。


MT.CEDAR 四角いコンパクトボディ キューブケトル 2.8L KS-2621
ストーブとかに置くとき、このペッタンコの形が効くらしい。IHだと、四角になっていてもメリットはないし、奇抜すぎる形は飽きも早いので除外。


野田琺瑯 電磁調理器対応 アムケトル 2.0L レッドAM-20K
野田琺瑯というのは、老舗のホウロウメーカーの名前で、一部のインテリア好きの女性に人気らしい。ついでに調べたんだけど、琺瑯(ほうろう)ってのは、金属にシリカ、つまりガラスの成分を焼き付けたもので、中は金属、周りは陶器みたいな物、らしい。中に金属が入ってるので、このヤカンの場合はIHにも対応してる。金属が表面に出ていないので、中の物に化学変化を起こしにくく、味が変わりにく、らしい。だからお茶の急須とか、ホウロウの物が多いのか。欠点としては、表面のガラス部分が割れやすい。

私が選んだのが、これ。
新潟県燕・三条の工場で製造した日本製で、笛吹きもついているごく、オーソドックスな形。妙な色気を出さずに、丁寧に基本に忠実に作ってあるのが気に入ったので、これにしました。アマゾンでは扱っているけど、楽天だと私が見た時は、一店舗しか扱っていなくて、在庫切れだった。実際に使い出してしばらくたつけど、スーパーに並んでいる900円ぐらいのヤカンとの違いは、細かい部分の品質と使い勝手。取っ手の部分の握り心地とか、蓋の開け閉めとかに違いが出ていて、全体的にしっかりした物という印象で満足しています。

1