タグ別アーカイブ: AUX端子

アンドロイドのスマートフォンを車に接続して使う

車の中では、今だにCDを使ってたけど、アンドロイドのスマートフォン(xperia acro)を有効活用しようと思い、スマートフォンと車の接続方法を調べた。

いくつか方法があって、一番簡単で汎用性が高いのは、コードを使って接続する方法(FMトランスミッターを使う方法は少し面倒)。

接続にはAUX端子を使う。AUXとは、auxiliaryの略で、「補助の~」という意味。AUX端子は今の車の普通車以上のクラスなら、一番グレードが低いオーディオでもほぼ標準装備になっている。軽自動車だとオプション装備(1万円弱)になってる物が多い。このAUX端子に外部機器を繋ぐと、車に装備しているオーディオ機器で、外部機器の音声を聞いたりできる。

AUX端子に繋いだ機器を使うときは、たいていオーディオ側にAUXというボタンが付いているので、このAUXボタンを押すと、AUXに接続した機器の音声に切り替えることができる。普通はラジオと同じくボタンをポンと一度押すだけですぐ聞ける仕組みになっている。

接続コードは、ステレオミニプラグという物を使う。コネクタ形状 は、3.5Фステレオミニプラグで、両方がオスタイプ(先が出ていて差し込む形になってる)の物を選ぶ。

コードは選ぶのが面倒だけど、ちょっと調べると売れてるのは以下の二種類とわかった。価格重視と、音声重視のもの。ちなみにアマゾンを見ると、売れてるのは圧倒的に2番目に書いている価格重視の安いタイプ。

音声重視なら、audio-technica GOLDLINK Fine(AT544A/1.0)

私は、audio-technica GOLDLINK Fine(AT544A/1.0) ステレオミニを購入。
高いけど、奮発して音声がいい方を選んだ。コードの長さは、1m、1.5m、2m、3mの4種類が用意してある。車の中で使うので、一番短い1mを選択。実際に車の中で使ってみると1mでも長すぎて余ったコードが邪魔になる・・。あと、音声重視のせいか、このaudio-technica GOLDLINK Fineのコードは、コードが太くて堅いので、取り回しはしにくいです。イヤフォンとかによくある、フニャフニャのコードとはぜんぜん違います。

価格重視ならこちらのELECOM ステレオミニプラグケーブル(DH-MM10)

メーカー品等にこだわらなければヤフオクに100円とかで出品されているものがある。

AUX端子とアンドロイドスマートフォンの接続方法

私の車の場合はセンターコンソール部分に、AUX接続端子があり、コードを通す穴も標準装備になっているので、ステレオミニプラグは常時車側に接続したままにしてる。ステレオミニプラグとスマートフォンの接続は、比較的太い接続端子一本だけでの接続なので、思ったより簡単。これなら毎回車に乗るごとに物理的に接続しても、嫌にならないレベル。

気をつける点は、普段の音声レベルのままだとAUX接続した場合、車のスピーカーから出る音が凄く小さい点。スマートフォン側か、車側のボリュームを上げないといけないのでこれは面倒。

しばらく使っているけど、今まではいちいちCDを入れ替えたりしていたのが、スマートフォン側ですべてできるので、余計な荷物がなくなってすっきりした。車のオーディオに装備されているラジオだと聞けない放送局や、海外のラジオも、スマホ側のラジオアプリで再生して、それを車に流せるので、便利。スマホのカーナビの音声も、他の音楽をアプリで再生中も、一時的に音楽を中断して、音声案内で知らせてくれる。

あと、車でスマホを使うと、すぐにバッテリーが減ってくるのでシガーソケットで充電できるアクセサリーがないと不安。シガーソケットで充電できるシガーチャージャーでダントツに売れてるのが、iBUFFALO 超小型USBシガーチャージャー BSMPA07BK、シンプルで小型のデザインがいい。→楽天ならこちら

1