Lenovo H330のHDDをSSD化した時のメモ

4年ほど前に購入したデスクトップパソコン「Lenovo H330 11853EJ」のハードディスクをSSD化した。いつか必要な時のために自分用のメモ。

まずまとめ。

  • SSD化した結果→パソコン爆速化。すべての動作が数倍になった感じ。重くなっていたエバーノートもストレス0で起動、検索できるようになった。すべての重さがなくなった感じ。もっと早くするべきだった。SSDも安くなり250GBで1万円くらいとお手頃。
  • SSD化にかかる時間→トラブルがなければ30分くらい。パソコン本体をドライバーで開けて、コネクタの脱着ができる人なら簡単。

SSDというのは、ハードディスクと置き換えることができる記憶装置で、ハードディスクは物理的にディスクが回転して、そこに読み書きをするんだけど、SSDだと、物理的な動きがなくて、SSD内にあるメモリに電気的に読み書きするのみなので、速度が早くて、電気代も安くて、音も全くしないので静か、欠点だった価格の高さも、最近は安くなってきて、アマゾンで一番売れているサムスンの250GBだと1万を切るところまで下落してきている。今はクラウドサービスが普及しているので、250GBあれば、OS分を入れても困ることはないので、これが一番売れている。私もこれを購入した。

最初何が必要なのか、はっきりわからなかったので、アマゾンで「こちらも一緒の買われています」というのをまとめて注文した。
届いたのが以下3個。

IMG_20151219_210551

下の3つを注文したけど、結果的にコネクタは今回必要なかった。

以下交換作業。

まず、交換手順。

  1. パソコン本体を開ける。
  2. このパソコンにはHDD増設用のコネクタがないので、DVDドライブを一旦取り外して、DVDドライブとつながっていたSATAケーブルと電源コネクタを利用してSSDを一旦つなぐ。
  3. HDDとSSDが両方パソコンにつながっている状態になったので、HDDの中身をまるごとSSDに移す(クローン作製)。
  4. HHD→SSDのコピー作業は、サムスンの専用ソフト(Samsung Data Migration)を使えばクリックのみで簡単にできる。最新版はネットから無料でダウンロードできる。パーティッション容量も自由に増減できる。
    コピー作業は、100Gで、10分ちょっとしかかからない。
  5. 終わったら、コピーされてるのを確認し、電源を切って、SSDを取り外しDVDドライブを元に戻す。そしてHDDを取り外して、そこにSSDを取り付ける。HDDは大切に保管しておく。
  6. あとは、電源を入れるだけで、全く設定等なしに元通りに使えた。便利な世の中になった。

IMG_20151219_220649

パソコン本体の蓋を開けた状態。ネジを外して蓋を取るだけ。一番手前にあるのがDVDドライブで、これもネジを外すだけで取り外せる。

IMG_20151219_223719

DVDドライブのコネクタ(データ用と電源用の2本)を外し、それをSSDに取り付けた状態。HDDもPCケースから取り出している。HDDとSDDの両方がPCにつながっているので、後はソフトを利用すればデータのコピー作業ができる。

IMG_20151220_234049

データ移行が完了したので、SSDを変換ブラケットに固定して、HDDに付いていたコネクタと繋ぐ。あとは、元通りに取り付けてすべて完了。

トラブルや気付きのメモ。

  • 元のHDDの中には、「C」ドライブと「D」ドライブがあったんだけど、両方をコピーしようとすると、どうしてもクローン作業が途中で止まる。最初、ドライブのチェックをしろとメッセージが出たので、C、Dドライブ両方やったけど駄目で、余計なファイルを消したりしても駄目で、89%程度で止まる、厳密に言うと1分に1MBくらい進むんだけど、時計は止まったままで、ソフト自体も反応無しの状態になったりで、結局Dドライブは諦めて、OSと主なプログラムが入っているCドライブのみコピーしたら、あっけなく完了。完了した後に、必要なファイルはDフォルダからコピーした。
  • コピーソフト(クローン作製ソフト)は、「Samsung Data Migration」と、ネットでよく紹介されている「EaseUS Todo Backup 」の両方を使ってみたけど、圧倒的にサムスンの方が使いやすい。使い方が視覚的にわかりやすく、パーティッションごとの容量振り分けも簡単、コピー作業中も、転送速度が表示されて、残り時間もわかる。EaseUS Todo Backupの方は、転送速度がわからず、残り時間は表示されても当てにならないので、エラーで止まっているのかもわからなかった。
  • SSDに、パソコンとUSB接続できるアダプター(サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3)を取り付けて、HDDからコピーする方法もあって、たぶんその方法が簡単。ただ、このパソコンはUSB2.0で、USB3.0に対応していない。USB2と3だと転送速度が理論値で10倍くらい違うらしいので、今回は直接SATAケーブルに繋いだ。

DENTS(デンツ)のカシミアライナー付きディアスキン手袋を買ってみた

DENTS(デンツ)のカシミアライナー付きディアスキン手袋

イギリスのDENTS(デンツ)のグローブ(手袋)を購入。

DENTSと言えば、ペッカリーの手袋が有名だけど、あのシワが多い感じがあまり好みではなかったので、ディアスキン(鹿革)の方を購入。ちなみにペッカリーがどんな動物かというと「動物 ペッカリー」で検索すると出てくる。ペッカリーのカシミアライナー付きだと日本での定価は64,000円(税抜き)、鹿革のカシミアライナー付きだと41,000円(税抜き)とめちゃくちゃ高い・・・。これは別に日本だけで高くなっているわけではなくて、イギリスの公式サイトにある通販サービスを利用して個人輸入してもそんなに差がない。

公式サイトの価格は、鹿革のカシミアライナー付きが185ポンド(34,040円)、ペッカリーのカシミアライナー付きは299ポンド(55,016円)、1ポンド=184円で計算、同じ型番を比較。イギリスの税金20%分がこれから引かれて、送料15ポンド(2,760円)と関税12.5%、あと日本の消費税8%がかかるから、ざっと計算すると数千円の差。

いろいろ試着をして、羊のあの肌に密着するような柔らかさも魅力だけど、ディアスキンの表面の感じが気に入ったので、結局ディアスキンを購入。基本的にDENTSには、各素材ごとに、ライナーあり、なしと、ありの場合は、カシミアライナーと、それ以外(ラビットファーとかウール)がある。形的には、スナップボタンとベルトがあるタイプと、ボタンのみ、ボタン無しがある。DENTSを代表するモデルは、カシミアライナー付きで、スナップボタンとベルトがあるタイプ。ライナーは最初必要ないかも?とかベルトとボタンとか面倒なんじゃ?と思っていたものの、実際に冬になって使ってみると、買うなら、カシミアライナーあり、ベルトとボタン付きのタイプ一択だと感じた。ライナーがないと保温性が低くてはっきり言って機能的な手袋の意味がない。あと、ベルトとボタンが面倒だと感じることはなかった。靴の場合だと、履くときに、止まって靴紐を結ぶけど、手袋だと、装着して、ベルトを締めて、ボタンを止める行為を移動しながらできる。なので不便さはなかった。逆にベルトで手首部分を締めることで、風が入らないので快適♪

DSC_4753

無印良品の革手袋も持っているんだけど、全く知らない人に較べて貰ったら、違いはそうわからない気がするので、ほとんど自己満足の世界だとは思う。DENTSを装着した時の具合は、良いことは良いけど、そう特別ではなくて、普通に良いという感じ。サイズは、標準体型で、7.5を選んだらピッタリだった。親指だけがほんの少し余るけど、全く問題はないレベル。このサイズだと脱着も用意だった。あと、気をつける点は、DENTSは、安価な手袋も結構出していて、なぜかフィリピン産とかも展開しているもよう。イングランド産には、「Made in ENGLAND」のタグがついているけども、それ以外には「Made in」の文字が無くて単に「England」とだけ書かれていたりする。今回DENTSの手袋を買ってみて、値段以外は特に不満点はなかったので、あとは壊れるまで長く使っていくつもり。

■楽天市場 DENTS手袋

■Amazon DENTS手袋

スマホのカメラの曇りを取る

ソニーのエクスペリア(Xperia SO-04E)を使っているんだけど、最近写真を撮ろうとすると、画面が曇った感じになってなんだか調子が悪かった。物凄く光の当たり具合がいい時は、それでもちゃんと撮れるんだけど、ちょっと天気が悪い時や、室内で暗い時は、ぼやーとして焦点も合いにくくストレスが溜まる状況、これはもうスマホが古いのが原因で、スマホを新しいのに買い換えるしかないかな、と思っていた。しかし、ソニーのエクスペリア(Xperia SO-04E)を使っていて写真以外は何も不満がないので、なんとかならないか?と試しにネットで調べてみたら、同じようにスマホで写真を撮るとぼやける、と書いている人がいて、どうもレンズのカバーを研磨すると回復するらしい、という情報を見つけた。

前から気づいてはいたんだけど、スマホのカメラのレンズを見ると、レンズ(正確にはレンズのカバー部分)に曇った膜が張ったようになっていて、見るからに写真の映りが悪くなりそうな状態だった。いつの間にそうなったのかわからない。原因は、経年劣化だとか、カメラの高温状態が原因だとか、いろいろ書かれているが、どれが正しいかはわからない。膜が張ったように見えるけども、コーティングが禿げたもの、と書いている人もいた。

いづれにせよ、研磨する、というアイデアは試してみる価値があるのでさっそく自己責任でやってみた。歯磨き粉で磨く、と書いている人が多いけど、どうせやるならちゃんとしようと思い、ホームセンターに行き、めちゃくちゃ研磨剤の粒が小さくて、クリアのプラスチックにも使えるタイプを買ってきて綿棒の先に付けて優しく磨いてみた。車用のコンパウンドを使ったけど、アマゾンなら「車用研磨剤・コンパウンド」この辺の物。磨き終わったら、拭きとって、水で再度拭いて、乾かして完了。試しに写真を撮ろうとしたら、撮る前の画面からして鮮明度が段違いに綺麗になっていてびっくりした、当然写真を撮っても綺麗に撮れていて、パソコンに転送して、多いな画面で見ると違いがはっきりわかった。今までの写真がいかにぼやけていたのかが良くわかった。これで、このスマホを使える寿命が伸びて嬉しい。

エクスペリア(Xperia SO-04E)のキャップを自分で交換してみた。

ソニーのエクスペリア(Xperia SO-04E)というスマートフォンを使っている。すでにドコモとの契約は解約いる。

イヤホンジャックと、USB端子の接続部の2箇所に、防水パッキンが付いたプラスチックのキャップがある。これが両方共壊れてしまった。
具体的には、イヤホン接続部の方は防水用のゴムパッキンが壊れて、フタがきちんと閉まらなくなった。USB接続端子の方は、キャップとスマホをつなぐ部分がちぎれて取れてしまった。

できるだけ自分で修理したいので、ネットで調べたところ、アマゾンや楽天で、交換用のキャップが売ってあったので、早速取り寄せてみた。
■Amazon Xperia SO-04E用交換キャップ
■楽天 Xperia 交換キャップ
アマゾンではすぐ見つかるけど、楽天では関係のない商品ばかり出てきて、見つかりにくい。

DSC_1660
(今回購入したエクスペリア(Xperia SO-04E)用のキャップ。純正品からリサイクルしたものらしい。)

以下写真があるとわかりやすいんだけど、スマホ本体をいじるので写真を取れなかった。

問題は、スマホをいじらずに、そのまま交換できるか?だけど、結果からいうとネジを外さないと無理だった。でも予想していたより簡単で、5分くらいで交換できる作業。最初は、ネジを外さずそのまま交換しようとして、古いキャップはペンチで引っ張ると取れたんだけど、新しいキャップを取り付けようとしても、硬くて接続部分が入らない、細い棒で無理に入れようと試みたけど、せっかくの新しいキャップの接続部分が傷んでしまい交換する意味がなくなるので、途中で諦めてネジを外すことにした。

実際にやってみると簡単で最初からネジを外せば良かったと思う(今回はソニーのエクスペリア(Xperia SO-04E)なのでそれ以外については不明)。
まず、スマホの裏蓋を外す。バッテリーも外す。裏面の右上にネジ3本(正確には忘れた)で固定されているプラスチックの部品があるから、このネジを外して部品を外すだけ。この右上の黒い部品を外すと、2つのキャップを固定している部分が広がるから簡単に交換できる。ネジは特殊な精密ドライバーが必要で、トルクスのT5(amazon:T5ドライバー 楽天:T5ドライバー)というものらしく、自分もよく知らないけど、ホームセンターに行き店員さんに教えてもらい買ってきた。普通のドライバーとは、ただ先端の形が違うだけ、あと物凄く小さい。これは数百円で売ってあった。使い方は普通のドライバーと全く同じ。ネジは簡単に外れるんだけど、一番迷ったのが、ネジを外してもこの部品が外れないことだった。細いマイナスドライバーで端から浮かせて外そうとするも一番右辺りが全然浮かない、そこでちょっと力を入れてみると、「ベリッ」という嫌な音がした。一瞬焦ったものの、この音はどこかで聞き覚えがある音で、そう粘着テープを剥がす音だった。ゆっくりと部品が割れないように注意して浮かせるとベリベリと両面テープのような物が剥がれて綺麗に部品を取り外すことができた。この過程が一番の難所だった。

部品を外すことができれば、あとは交換は簡単。古いキャップを外し、新しいキャップを入れて、部品を元に戻すだけ、粘着テープの部分はどのみちネジで固定するので、一度剥がすと粘着力はゆるくなるだろうけど、あまり関係ないだろう。途中、粘着テープのところで迷わなければ、5分で終わる作業だった。キャップが新品になって、スマホも生き返った印象。まだまだ後数年は使えそう。

鍵穴の回りが悪くなった時の対処法とか。

鍵穴に鍵を刺して、玄関の開け閉めをするときに、どうも鍵の回り方が悪くなってきた。
何か堅いものが少し引っかかるような感じで、時々回し直さないと開け閉めができない状態。
で、よく考えずに、一家に1本のCRE556を使ったんだけど、全く改善しなかった。
この段階になって、ちゃんと鍵のメンテナンスについて調べてみた。
そしたら、鍵穴には絶対556のような潤滑油を使ったら駄目らしい。最初は、556を使うと、鍵穴の内部にあるグリスとかペースト状の油分が落ちてしまって、それで鍵内部の動きが悪くなるんだろうか、と思ったけど、そうではなくて、もともと鍵の内部には油分はなくて、潤滑油を使うと鍵の内部に油分が付いて、その油分にホコリが付いて、それがどんどん溜まってくると鍵が壊れてしまうこともあるらしい。だから鍵の回りが悪くなった時は、油分がない滑りを良くする物を使う必要があるとのころ。後で、お店で、鍵穴メンテナンスの専用品を買うときにも、店員さんが同じことを言っていたので、これが正しいんだろうと思う。

鍵穴専用のメンテナンス剤があるとのことで、さっそくホームセンターに行って買ってきたのが鍵穴のクスリII。たしか値段は500円くらいだった。

DSC_1014

 

DSC_1015

試しに、紙の上に吹き付けると、油分がなく、白い粒子の細かい粉末状の物が残る。裏の説明を見ると、シリコンや、黒鉛、脂のような成分は使わず、ボロン(窒化ホウ素)という粉末が鍵穴の回りを良くすると書いてある。ボロン(窒化ホウ素)は、炭素に性質が似ていて、固形潤滑剤としてよく使われる物質。

早速、玄関の鍵穴に、1秒程度噴射して、開け閉めを繰り返してみると、今まであったひっかかるような感触が消えて、なんともいえない気持ちの良いスムーズな動きになった。こんな便利な物があるとは今まで知らなかったので、今回は勉強になった。

鍵穴のクスリII(amazon)
鍵穴のクスリII(楽天)