Google Cloud Storage Pythonを使ってみる

グーグルがやってるクラウドサービスというのを試しに使って見てるが、まだ良くわからないところが多い。

基本の単語からわからなくて、取り敢えず、データを収める場所がバケットで、収めるデータをオブジェクトというらしい。

面白いなと思ったのは、サブディレクトリの仕組みで
例えば、
animal/sea/fish
というサブディレクトリの構造らしきものがあったとして(これをバケットというらしい)、実際は、animalの下にseaフォルダがあって、そこにfishというファイルがあるんではなくて
たんに、fishというファイルにanimal/sea/fishという名前が付いているだけということらしい。

グーグルのクラウドサービスを見るとなんでも用意されてるので、ほんとできるだけ自前でやらずに用意されているものを上手に組み合わせてどう利用するかが大切だなぁと思った。


広告

コメントを残す