preg_replaceによる置換で気をつけること

preg_replaceを使い、日本語の置換をするとき、マッチするパターンを持っているのに、スルーしてしまう箇所があるので調べてみた。
例えば、パターンにマッチする箇所を持つデータが100個あったとすると、20個ぐらいが置換できない。
完全に処理されないなら分かりやすいんだけど、半端な割合で処理がされないので、何が悪いのか迷ってしまった。

調べてみると、日本語とpreg_replaceの組み合わせだから起こる問題だとわかった。
パターン部分をUTF-8でエンコードして処理するとあっさり解決。
以下のように/の後にuを付けてあげる。

$x=preg_replace(‘/パターン/u’,’置換後’,$str);


広告
preg_replaceによる置換で気をつけること」への1件のフィードバック

コメントを残す