クロールの息継ぎのコツとか

毎週プールで泳いでいるんだけど、今だにクロールの息継ぎが上手くできない。
なので、ネットでクロールの息継ぎのコツをさらっと調べてみたら、
クロールの息継ぎは、顔を上げる方の手を水の中で目で追っていくと良い、というアドバイスがあった。
ずっと目で水中の手を追っていき、水から手が出る時に、手のひらを右後方で目で見ながら、息を吸うイメージがいいとのこと。
これだと、顎が引けて、頭が水中から出にくいので、結果的に体が沈みにくいのでなるほどーと思った。

このアドバイスをさっそく実戦してみたら、確かに前より息継ぎが楽になる。
ただし、ちょっと疲れると、自分では気づきにくいんだけど、息継ぎの時に顎が上がりやすくなる。
結果的に、頭が浮くから、体が沈みやすくなって、息継ぎがしにくくなり、余計疲れやすくなるというパターンになる。

今水泳での一番の目標は、早く泳ぐことではなくて、もっと楽に長距離泳ぎたいというもの。
なので、これからもフィードバックを続けて、春までには500メートルくらいは連続で楽に泳げるようになりたい。


広告

コメントを残す