シャツの裂けた部分を、布用両面テープで補修した。

シャツの補修と、傷んだボタンの貝殻ボタンへの交換の続き。

修理の途中で、シャツのボタンの穴の直ぐ横が破れているのを見つけたので、ついで修理することにした。まだ着れるシャツなので、捨てるのは勿体無い。この破れた箇所は、ちょうどボタン穴の直ぐ横に位置しているので、裏からアイロン接着式の補修布を貼り付けて修理するのが難しい。なので、今回は、布代のアイロン接着できる両面テープで補修してみた。

シャツの壊れた箇所
ここが、シャツの破れている場所。最初は、破れているのに気づかなかったくらい、ボタン穴のすぐ横にある。

シャツの破れた部分の拡大写真.jpg  3096×4128
わかりやすいように、写真に線を引いてみた。青色がボタン穴、赤色が破れている場所。見やすいように、破れを広げて写真を撮った。

アイロンで接着できる布用両面テープ
今回、シャツのお直しに使ったアイロンで接着できる布用の両面接着テープ。

河口 薄手の布用両面接着テープ
amazon / 楽天

いくつか種類があったけど、シャツに使うので、一番薄くて、細い、薄手の布用を購入。とても薄くてペラペラです。

シャツの裂けた箇所
この破れた箇所をシャツの裏側から見ると、↓以下のようになっている。

シャツの破れた部分の裏側
こんな感じで、わかりにくいけど、ボタン穴と一緒に生地が縫われているから、負担が一箇所にかかり、破れやすくなっている。

どうやって修理しようか考えたんだけど、補修布は使えないので、このボタン穴の周囲に、布用の両面テープを四方に貼って、二枚の生地を接着して固定することにした。

場所が狭いので、両面テープを短めに切って、ボタン穴を正方形に囲むように、裏側から、生地の間に挟んで、アイロンで接着(アイロンの熱で接着剤がくっつく)。アイロンを掛ける場合は、直接当てるんではなくて、生地が傷まないように、当て布を一枚間に挟んでやった。

補修用両面テープで固定
しばらく冷やして、完全に接着されると上のようにピタッとくっつく。結構強力で、普通に使っている分には強度は問題なさそう。

これで裏側の処理は完了。もうこれで完成でもいいんだけど、さらに耐久性を上げるために、KAWAGUCHIのほつれ止めピケを表の生地の裂け目に、必要最小限塗っておいた。これは塗りすぎると、うっすらと色が濃ゆくなり、生地も少し硬くなるので、塗り過ぎないように注意した方がいい(最初塗りすぎて失敗した・・)

両面テープとピケ(接着剤)で補修後

ほつれ止めピケも乾燥したら完成。裂けた部分はきっちり固定された。ほつれ止めを塗りすぎて、少し黒っぽくなっているのがわかる。両面テープは補修布に比べるともっと薄いので、補修布で修理した部分と比べるとより自然な感触になっている。これで、これ以上生地の裂け目は広がらないはず。

補修後目立たなくなった裂け目

近くから見ると、わかるけど、遠くから見ると、言われないと気づかない感じになったと思う。というか、もともと、自分でも気づかなかった破れで、傷の補修が目的だったので、上手く出来たと思う。

【シャツの修理関連記事】
黒蝶貝の交換用シェルボタン(貝殻ボタン)を買ってみた。
シャツの破れを自分で修理してみる(補修布利用)。
シャツのボタンを自分でシェルボタン(貝殻ボタン)に交換した。


広告

コメントを残す