タグ別アーカイブ: ベアグリルス

ファイヤースターター、ベアグリルス・モデル

アマゾンで頻繁に火打石が売り切れてたけど、最近、ガーバー社のファイアースターター(ベアグリルスモデル)が入荷して在庫が落ち着いてる。アマゾンはなんで定番のライトマイファイヤー社の火打石を在庫に置いておかないんだろう。

以下は本人が宣伝している公式動画。
http://www.youtube.com/watch?v=fBumZlfxSZ8
Gerber 31-000699 Bear Grylls Survival Series Fire Starter ≫楽天 ≫Amazon

デザイン的には、ライトマイファイヤー社製ファイヤースチールスカウト(楽天)がコンパクトで好き。ライトマイファイヤー社の火打石に比べると、ベアモデルは火花が大きく、火種用のコットンも収納できるので、着火能力はベアモデルの方が高そう。

こちらは米国アマゾンの価格、今の為替だと1000円以下。他の商品などとまとめて注文すれば、送料を入れてもお得。米国アマゾンでの注文方法は、参照記事:円高を利用して米アマゾンで買い物してみるにまとめています。

http://www.youtube.com/watch?v=XOSqABtUgLA

これは、Parang。Parangとは、インドネシアやマレーシアのジャングルを切り開いて歩くときに使われる短刀のこと。

日本のアマゾンでは扱ってないので米国アマゾン見たら安い。日本だと、例えば、GERBER(ガーバー)31-000698 パランマシェット(楽天)を見ると7千円くらいする。

上の米国アマゾンの商品ページを見ると、以下の表示が出る。

We are not able to ship this item to your default shipping address.

この商品をあなたの住所に発送することはできません。

アカウントに日本の住所を登録していると、こういう表示が出てきて、日本の住所には送れない。上の火打石の方はOK。

1

Man vs. Wild(サバイバルゲーム)でベアグリルスが使っている水筒

この前放送された、ディスカバリーチャンネルのMan vs. Wild(サバイバルゲーム)のFan Vs Wild With Bear Grylls(ファンも一緒にサバイバル)を見ました。途中で水筒を使うシーンがありましたが、ベアグリルスが使っている水筒はやっぱりナルゲンの水筒だった。

ナルゲンは、もともとは、研究用のプラスチックビンとして開発されたもので、品質がよく耐久性が高いため、今では登山などのアウトドア用としても非常に人気とのこと。


NALGENE(ナルゲン)
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan オレンジ 91317
ベア・グリルスが使っていたのは、このタイプのこの色で、プリント部分は少し違った(オリジナル?)。

日本にはナルゲンの公式サイトはないみたいです。
nalgene公式サイト(英語)
公式サイト内商品紹介ページ

Wide Mouth Bottles
公式サイトの説明によると、最も人気なのがこの広口タイプ。
サバイバルゲームでベアグリルスがよく使っているのは、たぶんこの真ん中の「32 Ounce Wide Mouth 」というタイプ。
Ounce(オンス)は体積の単位のことで、アメリカでは1オンス=約29.57ミリリットル。
なので32オンスは約1リットル。

株式会社ハイマウント Nalgeneページ
日本へはハイマウント社というところが輸入をしてるみたい。
ハイマウントといえば、ベアグリルスがよく使っている、あのLITE MY FIRE(ライトマイファイヤー)ファイヤースチールの火打ち石を出してるところですね。

ナルゲンの水筒は実際に買う場合は、アマゾンや楽天が価格が安く、種類もいろいろ揃っています。

nalgene skins
ナルゲンの公式サイトを見てみると、nalgene skins(ナルゲン スキンズ)という、ボトルの表面にオリジナルのプリントをしてくれるサービスがありました。
サイト上で画像とか文字を入れて、オリジナルのデザインを作るとそれを印刷したボトルのカバー(自分でボトルに貼り付けるみたい)や、ボトルとのセットで買えるようになってる。価格はボトル抜きで、8~9ドルくらい。
結構お安いですね。日本でもやればいいのにと思うけど、ナルゲンの名前もアメリカと比べると知られていないようなので需要がないんだろうか。

1

ファイヤースターター(LIGHT MY FIRE社製Swedish FireSteel Scout)を購入。

ファイヤースターター、いわゆる現代版の火打ち石を購入。1500円くらい。
ライトマイファイヤー社製のスウェディッシュファイヤースチール、スカウトモデル(LIGHT MY FIRE社製Swedish FireSteel Scout)という製品。元々はスウェーデン軍によって開発されたものらしい。

ファイヤースターターの購入理由
ディスカバリーチャンネルのサバイバルゲームという番組で元SAS隊員のベアグリルスが毎回夕食の準備のためにファイヤースターターを使い火起こしするのを見ていて欲しくなった(詳細記事:ベアグリルスについて)。

追記
ガーバー社からベアグリルスモデルの火打石が出ました。(参照記事:ファイヤースターター、ベアグリルス・モデル


ファイヤースチールのパッケージ


ライトマイファイヤー社製ファイヤースターターの大きさ比較①
3色ボールペンと10円硬貨と比較。
最初は小さいキーホルダーくらいの大きさかと予想してたけど、実物は結構大きい。普段気軽に持ち運ぶには大きすぎる。普段必要ないけど・・。


ライトマイファイヤー社製ファイヤースターターの大きさ比較②
取っ手の部分は厚みをあり、ガッシリした作り。壊そうと思っても壊れない。


ファイヤースチールの拡大写真
金属の棒の部分が「スターター」、金属プレートの方が「ストライカー」。英語のstrikerの意味は「打つ物」、拳銃の撃鉄もstrikerと言うらしい。

ファイヤースターターの使い方と使った感想
使い方は簡単。ストライカーでスターターを削ってあげるだけ。金属プレートの片側にザラザラした加工がしてあるから、そこで摩擦を簡単に起こせるようになっている。力もあまり入らないから女性でも使える。火花の飛び方は100円ライターの10倍強力版という感じ。調子に乗って削りまくっていたら目で見てわかるくらい棒が削れてた。説明書には発火回数は3000回と書いてある。。この火花を燃えやすいものに飛ばして火を起こす。火の温度は3000℃とのこと。試しに手に当てても少し熱いくらい、ごく小さいピンポイントで3000℃になってるみたい。試しにティッシュペーパーで着火の実験をしてみた。最初はうまくいかなかったけどちゃんと説明書どおりに、ゆっくりしっかりやると3回くらいで着火できた。コツはゆっくり擦ること。予想以上に簡単に火がつくから少し驚いた。

SAS(英陸軍特殊空挺部隊)に26年間いてサバイバル技術指導教官を勤めていたジョン ワイズマンの著書最新SASサバイバル・ハンドブックをこの前少し読んだんだけど、サバイバル時には火打石を常用して、マッチは芯の部分に蝋で防水加工し、さらに棒の部分を半分に折ってかさばらないようにしてから保存して緊急時にしか使わないとのこと。

サバイバルゲームを見ていると、ベアグリルスはいつもナイフで火打石を削っているので同じようにナイフでもやってみた。ファイヤースターターに付属の金属板より力が入れやすいから、さらに簡単に火が起こせる。ナイフの刃よりスターターの方が軟いから刃に傷はついてない。ただ、スターターの削れ具合が激しいから(上のナイフの写真参照)、付属のストライカーを使うほうが省エネみたい。火打石って普段は必要ない物だけど、自分で火打石を使い火花から火を起こすと何気に嬉しいというかワクワクした。今度この火打石で起こした火を使って庭で焼き芋でも作ろうと思う。

1

Discoveryチャンネルのサバイバルゲーム(MAN VS. WILD)のベア・グリルスが面白い!

ディスカバリーチャンネルで放送されている「サバイバルゲーム MAN VS. WILD」という番組がかなり面白い。正確には、この番組の主役のベアグリルスが面白い。そこで、ベアグリルスがどんな人なのか、経歴などを調べてみました。

この番組の内容を簡単に紹介すると、イギリス人のベア・グリルスが世界中のいろんな場所(たいてい大自然のある奥地)に行って、そこからサバイバルするというもの。主役のベアグリルスは世界最強の特殊部隊といわれているSAS(英国特殊空挺部隊)の元隊員。この設定だけですでに面白さ十分なんですけど、なんといっても一番の魅力は、ベア・グリルスがサバイバルを子供みたいに生き生きと楽しんでやっているところ。少年のように目を輝かせてはしゃいでいるのを見ると、見ている方も無邪気に楽しめる。

サバイバルゲームの番組公式サイト
日本語サイト

ベア・グリルス情報ブログ
過去の番組内容をまとめてある

ベアグリルスは日本でも結構人気みたい、ネットを見てるとベアグリルスには、秘境のクマさん、なんていうニックネームがついているようです。僕はディスカバリーチャンネルで見てますが、友達によるとニコニコ動画やユーチューブなどでも人気らしい。youtubeにはディスカバリーチャンネルの公式サイトもあります。

サバイバルゲーム、ベア・グリルスのインタビュー(日本語)
普段の生活では肉はほとんど食べない菜食主義というのは、番組で、無駄に食料はとらず必要なぶんだけ取ると言っていたからある意味納得。

Q:普通の仕事にはつけないと気づいたのはいつ頃でしたか?
A:子供のころからサバイバルゲームみたいなことをしていた気がする。当時はカメラが回っていなかっただけで(笑)ずっとこうして過ごすのが夢だったんだ。
Q:あなたは真に男らしい人だと思いますが、勇気とは?
A:自分自身に正直であること。夢を追うことを恐れないこと。リスクを負い、時には失敗することを恐れないこと。人に優しくあること。妻を愛し、家族を愛し、信念を持つこと。そういうことが人として大事だと思う。無茶をすることは勇気ではないよ。

この部分は凄く気に入りました。特に「当時はカメラが回っていなかっただけで」という部分。

本家のMAN VS WILD公式サイト(英語)

動向カメラマンの思い出トップ10(英語)
カメラマンの写真があります。ベアグリルス同様、やはり強そうな人ですね・・。

ベア・グリルスの経歴

ウィキペディア日本語”ベア・グリルス”
ウィキペディア”Bear Grylls”(英語版)

英語版に詳しい情報が載ってる。英語の勉強もかねて面白そうなところだけ適当に意訳して読んでみた(私が読んだ時点での記事なのですでに内容が変わってるかもしれません)。当然間違っている部分もあると思いますので、自分へのメモ用。
ベアグリルス。1974年生まれ、今年36才。年齢より若く見えるなぁ。
イギリスの冒険家。Born Survivor, Man vs. Wildのテレビ番組シリーズにて、アメリカ、カナダ、オーストラリアで人気。イギリス人のエベレスト登頂最年少記録(23才の時)を持つ。

ベアグリルスはイギリスDonaghadeeという島で生まれ、4歳の時にケンブリッジに移り住む。 Sir Michael Gryllsの息子(Sirが付いているから、~卿、ナイトの称号を持つ人の息子、つまり貴族の息子という意味だろうか)。Eaton Houseで教育を受けて、Ludgrove School, Eton College, and Birkbeck, University of Londonと進む。Ludgrove Schoolというのは、その後イートン高へ進む人が多い学校らしい。Eton Collegeは日本でも知ってる人が多いイートン高、イギリス1の名門校。これみると超エリートみたいです。その後ロンドン大学に行く。(part-timeという単語が出てくるけど、日本の大学とは違いいろんな制度があるみたい)、ヒスパニックの勉強で学位を取る。

ベアグリルスは子供の頃から、父親に登山と航海について学び、10代の頃には空手の黒帯2段を取った。現在は、ヨガと忍術を習っている。8歳の頃からボーイスカウトに入っていた。英語、スペイン語、フランス語を話し、クリスチャン、信仰は彼の人生のバックボーンになっている。そういえばいつもヘリコプターから飛び降りるとき祈ってますね。ベア・グリルスは結婚して、3人の息子がいる。2008年にkite skiing(たぶん、凧に引っ張られて移動するものだと思う)中に肩を負傷する。

ベアグリルスは学校を去ったあと、インド軍(植民地時代の名残でイギリスと関連があるみたい)に入ることを考え、ヒマラヤ山脈を数カ月ハイキングする。1994~1997、イギリス特殊部隊の選抜をパスし、SAS(Special Air Service)などで、兵士や、サバイバルインストラクターとして仕える。任務で2度アフリカに行き、1996年ケニヤでフリーフォールのアクシデントにあい背骨を3箇所骨折する重症をおう。ベアグリルスのパラシュートは上空500メートルで破れ、不完全にしか開かなかった。彼の主治医によると、彼は麻痺寸前で、再び歩けるようになるか疑問だったらしい。ベアグリルスはその後、18ヶ月の間軍のリハビリステーションに入りその後退院。子供の頃からの夢だったエベレストの登頂を目指す。
SASの有名な兵士である、Chris Ryan氏によると、ベアグリルスがSASの任務でアフリカで背中を負傷したとは信じられない、彼は軍での成績を誇張している。とのこと。(こういう話の真実は、部外者には知りようがないですね)。2004ねんに海軍少佐のランクを授与される。

元SAS出身といえば、浦沢直樹のマスターキートンを思い出します。この漫画好きです。元SASというだけでなく、いろいろ似ている部分がある気がします。

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス) MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)



Amazonで詳しく見る

ベアグリルスがよく使っている、火を起こすための、火花を飛ばす道具「火打ち石」。
以前番組で詳しく紹介されていましたが、このファイヤースターターという物みたい。

ハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールスカウト RD 26001 ハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールスカウト RD 26001



ハイマウント(HIGHMOUNT)
Amazonで詳しく見る[/pc-only]楽天で詳しく見る

追記:上のはもうアマゾンで買えなくなってますね。
調べてみると以下の新型が発売になったようです。

ハイマウント(HIGTMOUNT) LIGHT MY FIRE ファイアースチールスカウト 2.0 YL 26016
ハイマウント(HIGTMOUNT) LIGHT MY FIRE ファイアースチールスカウト 2.0 YL 26016


ハイマウント(HIGHMOUNT)



Amazonで詳しく見る
楽天で詳しく見る

火を起こす場面見ていると無性に欲しくなるんですよね、これ。人間の本能に刻み込まれているものが刺激されるのかもしれません。
持ってても意味ないですけど、当然注文しておきました。
(*追記:火打石を購入したので感想を書きました。

ついでにいろいろ調べてみました。
ベア・グリルスは作家としても紹介されていますが、ベア・グリルスの著書はこれですね。英語版だけで今のところ翻訳はないみたい。

Man vs. Wild: Survival Techniques from the Most Dangerous Places on Earth Man vs. Wild: Survival Techniques from the Most Dangerous Places on Earth

Hyperion Bear Grylls

Amazonで詳しく見る

ベアグリルスの番組のDVD

Man Vs Wild: Season 3 (3pc) (Ws) [DVD] [Import] Man Vs Wild: Season 3 [DVD] [Import]

Discovery Channel 2009-08-18

Amazonで詳しく見る

火を起こす道具の他に、もう一つ気になるものがあります。そう、あの水筒です。あれ欲しくなりませんか?私は欲しくなりました。番組では何種類か出てきましたが。詳しい人に聞くとNALGENE(ナルゲン)という会社の水筒らしいのです(たぶん)。元々は研究用の物として開発されたプラスチック瓶で、性能が良いので今は、アウトドア用としてよく使われていそうです。プラスチック製とは意外、鉄かステンレスと思っていました。野外だとプラスチックの方が軽くていいんだろうか。

NALGENE(ナルゲン)社のボトル製品一覧
プラスチックだけどやけに耐久性が強いみたいです。

一つ買おうと思いましたが、番組でよく使われているような下のタイプは日常は使いづらい


「22%OFF」NALGENE[ナルゲン]広口 0.5リットル Tritan[水筒・ボトル][新素材][全4色][bpa free]…

このボトル1000円ぐらいと意外に安いんですね、気軽に買えるから嬉しい。
上のタイプの他に、もう一つ彼が番組で使っていたのが下のタイプで、これは案外オシャレで、日常使えそう。
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan グレー 91311

B001NCDE98
nalgene(ナルゲン)

Amazonで詳しく見る

1