携帯サイトの作り方の勉強、1日で終了

勉強時間4時間。
集中できず、マックのハワイアンバーガー食べにいったりしてダラダラ勉強してしまう。マックでセット食べると700円、高い・・。実質1時間半くらいの勉強。
写真の「携帯サイト コーディング&デザイン」という本をざっと読んで、ざっくりと携帯サイトの特徴や作り方は把握できました。最初は2週間くらいかかると思っていて、集中して週末の3日で済ませようと考えていたんですが、複雑なサイトを作らない限りは、難しいことを覚える必要はなかったので、勉強は1日で終えて実際に携帯専用のサイトを作ることにしました。(以前、HTMLだけで簡単な携帯サイトを作ったことはあるんだけど、まともに作り方を調べたことはなかった。)

携帯サイト作成のポイントは
PCからの閲覧制限、携帯キャリアごとにページ振り分け
携帯ごとに使えるHTML、CSSが異なる(これが一番の壁)
PCと異なり深い階層は好まれない
リンク先の説明の文章は1行以内に納める
カタカナは半角
絵文字

たぶんこのくらい。cakePHPなどのフレームワークと、携帯用の開発キットを使うと、携帯キャリアごとの変換などは自動でできるらしいんですが、フレームワークが何で、どこが便利か理解出来ていない段階なので、むやみに手を出すのはやめて、基本的なHTML,CSS,PHPだけをしばらく使っていくつもり。

携帯サイトの特徴としては

画面が小さい
体に密着させて持ち運ぶ
若年層の利用率が高い
通勤時間帯と深夜にアクセスが多い(PCは深夜はアクセス数が落ちる)
PC以上に暇つぶしとしての利用が多い
誰かとつながっている感覚(オンラインの維持)

これらを生かしたものがよいはず。

携帯サイト コーディング&デザイン
この本は、携帯サイトを作るために最初に読む本としては良い本でした。
HTMLとCSSが理解できていて、PCサイトは作れるけど、携帯サイトはよくわからないという人が対象です。だからそんなに専門的なことは書いてません。基本的なことを網羅してあり、後は個々が必要なことを勉強してくださいという感じです。


広告

コメントを残す