着なくなった服をラグタグ(ragtag)で売ってみた。

部屋の整理をしていて、もう使わないものは処分することにした。本はブックオフにまとめて売った(ブックオフで本を売ってみてわかったこと)。

次に、服は、まだ着れるけど、もう着ることはないだろう服はまとめて売ることにした。捨てるのは勿体無いのと、どうやって買い取りをしているのか実際に試してみたかったから。本の場合は、近くのブックオフまで持ち込んだけど、服は試しにネットで宅配買取のサービスを利用してみることにした。

古着の売買というと一番有名なのは、ラグタグだというイメージがあるので、調べてみると、宅配買取サービスをしていたのでさっそく申し込んでみた。

以下、その時の記録。

まず、以下の公式ホームページより申し込み。

RAGTAG Online

個人情報等を記入する。いきなり荷物を送れるわけではなくて、一度申し込み、クロネコヤマトの送り状と、査定結果を見るときに必要な確認番号等を受け取る必要がある。この着払いの送り状を使うことで送料無料で荷物を相手側に送ることができる。希望すればダンボールも無料で送ってくれる。私の場合は、家に余っているダンボールを再利用した。

ネットで申し込んで、3日後、申込書がクロネコの宅急便で届く。商品リストを記載する用紙が付いているので、発送する洋服の、

ブランド名
アイテム(シャツ、コート、ベスト、パンツ等)
特徴(色や、ワンポイントのロゴがある等)
購入金額
購入時期

以上の項目をわかる範囲で書いて、控えは自分で保管し、1枚目を荷物と一緒に送る。他に免許証など証明書のコピーも1枚同封する。
当日中に、ダンボールに詰めて、同封されてきた着払伝票を使い、ヤマト運輸で発送。電話すると無料で集荷に来てくれる。送り状が着払いのものなので、送料は必要ない。

荷物が相手側に届くと、当日中に受け取りましたという確認のメールが来た。申込用紙には査定は3日程度と書かれていたが、混雑しているため、10日ほどかかるとのことだった。実際には、6日後に査定完了のメールが届いた。

サイトで査定結果の画面を見る。この時に、査定金額を見るために、最初に自宅に送られてきた申込用紙の中に入っていた本人確認番号の入力が必要。

査定結果の一覧が見る。同封した商品リストを元に作ったリストが表示され、各商品毎に1個ずつ買い取り金額が表示され、売るか、返送してもらうかを画面上で選択できた。値段が付かないものは、返送せずに、ラグタグの方で処分してもらうこともできるらしい。

今回は、一着500円~2000円の買取金額で、15点送って、買い取り総額は1万円程度だった。数点は買い取り基準に合わず値段が付かなかった。

査定画面でチェックが終わると、売る商品と返送してもらう商品を決めて、次に、振込口座の登録をする。入金は3日後で、問題なく振り込まれていて、一連の取引が完了した。

買取金額の印象だけど、10年以上前のタグの表示も消えたようなシャツ(ただしデザインは今風)が500円かと思えば、去年買ったあまり人気のないブランドの2万円ほどのトレーナーが値段が付かなかったりで、基本は、需給で決まっているみたいだった。

もう少し具体的にいくつか書くと

ある一定の層に人気のブランドのカーゴパンツ、少し傷みもあり
定価2万円ほど
セールで1万円ほど
これが
買い取り2000円だった

古着で3000円で買ったセレクトショップのポロシャツは
買い取り500円

ほぼ新品のコート。
お店で7万円ほど、セール時に半額の3万円ほどで購入
これは人気がないブランドのせいか買い取りが2000円だった。
予想では、5000円、もしかしたら1万円超えるかもと思っていた・・・。
不人気ブランドはセール価格の10%あたりが買い取り価格だろうか。

あえていろんなブランドの物を混ぜて送ったけど、今流行の物は明らかに買取金額が高い印象。商品の質というより人気で決まっているなら、逆に人気や流行ではなく、マイナーブランドだけど質の良い服等を探している人に取っては、ラグタグは良い服を安く買えるのかもしれない。

ラグタグは買い取りをしてるから当然販売もしていてRAGTAG Onlineで買い物ができる。買取価格と販売価格を比べると利益もだいたいわかる。いつも思うが、メジャーではない好みを持っている人は得だなと思う。

まとめると、ラグタグの買い取りシステムに関してはよく出来ていて便利。レスポンスも素早い。
買取価格については、自分でヤフオク!等で売るのに比べたら当然安い。1円でも高く売りたいならヤフオクを利用するのがいいが、ヤフオクは手間がかかるのと、個人間の取引でトラブルなどの心配もあるので、忙しくて時間がない、面倒なトラブルは避けたい、ただまだ着れる服を捨てるのは勿体無い、安くてもいいので、有料でなければ引き取ってもらいたい、という人が利用するのに向いていると思う。

RAGTAG Online


広告

コメントを残す